2005/12/05

食べるな危険!驚異の30日間マクドナルド生活 『スーパーサイズ・ミー』

スーパーサイズ・ミー』 ★★★★☆
SUPER SIZE ME(2004年/アメリカ)
監督:モーガン・スパーロック
製作:モーガン・スパーロック
出演:モーガン・スパーロック
公式サイト(発売元サイト):http://www.bigtimeweb.jp/catalog/detail_size.html

2002年に肥満症の少女二人がマクドナルド社を相手に「ハンバーガーが原因で肥満になった」とする訴訟を起こした。マクドナルド社の提供する食品と肥満との因果関係は残念ながら証明されなかったが、スパーロック監督は「1日3食30日間マクドナルド商品のみで生活したらどうなるか」という単純かつ壮大な実験を思いつく。自らの身体を実験台に4人の医師チームのバックアップを得ながら行った笑えるようで笑えないドキュメンタリー作品。監督・製作・主演はモーガン・スパーロック。

マクドナルド商品をひたすら食べ続けて自分の身体に起こる様々な変化をレポートし続けるというドキュメント映画。「マクドナルドのメニュー以外は禁止」「勧められたら“スーパーサイズ”にする」「全てのメニューを制覇する」「もちろん朝・昼・晩の3食。言い訳なし」というルールを守りながら、ひたすらハンバーガーにかぶりついている監督(というか被験者)の姿は笑えるようで笑えないっていうのが正直なところです。

何が凄いって、タイトルにもなっている「スーパーサイズ」のデカさ。日本じゃ考えられないようなデカさですよ。まさに罰ゲームなみ(笑)。ポテト一箱600kcalって!コーラ半ガロンって!つか、第一ガロンって何mlなの?

最初から最後まで驚きと苦笑いの連続だったのですが、中でも衝撃的だったのは開始二日目のスパーロック監督の姿。ハンバーガー片手に震えてるよ!汗かいてるよ!やっぱりアレって拒絶反応だよねぇ。しかも最後には中毒症状って、コ、コワイ・・・。顔もむくんでるわ、お腹も出てきてるわでパッと見でわかる見た目の変化に加えて、各種検査数値の激変っぷりにもかなり戦慄。ファーストフードの食べすぎで肝臓が弱っていくなんて!私のこの倦怠感も頭痛も実はマックのせい?!

作品ではスパーロック監督のドキュメンタリーの他、学校給食の実態や肥満に悩む人々のドキュメント、そして食品業界への問題提起などなどアメリカの食生活にまつわる数々の問題点が描かれています。ここ数年日本でも食文化が失われつつあるってことでかなり問題視されていますが、アメリカでのそれはもはや想像を超えてますね。問題ありすぎ(笑)。

この作品の影響かどうかは明らかにされてはいないものの、作品公開後本国では「スーパーサイズ」は発売中止になったそうで。いいんだか悪いんだかよく判りませんが。それよりなにより、個人的には監督の彼女お手製の解毒プログラムの内容が非常に気になってます。私も解毒してほしい!

※追記※
この作品の監督でもあり出演者でもあるモーガン・スパーロック氏は、この作品の世界的大ヒットを受けて、その後体当たり人体実験番組『モーガン・スパーロックの30デイズ』を制作。本国では既に続編まで制作されているようです。こちらもあわせてご覧になってくださいね!
レビューはコチラから!→『モーガン・スパーロックの30デイズ

ブログランキング参加中デス。映画選びの参考になりましたらClickお願いします♪→
posted by クマ at 16:55 | Comment(6) | TrackBack(2) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
はじめまして。こんにちは
やっぱり、スーパーサイズには驚きですよねΣ(゜ロ゜ノ)自分は絶対に食べきれません。
開始早々あきらかに監督の様子が変わっていましたもんね。
あと、アメリカのランチはひどすぎですね(。 ̄x ̄。)
Posted by ムラクモ at 2005年12月06日 02:21
ムラクモさん こんにちは。
スーパーサイズ、驚異的でしたよね。
実は私、ビックマックセットを食べながらこの作品見ました。我ながらすごい悪趣味だと思うんですけどね(笑)。予想どおり、一日気分が悪かったです。
Posted by クマ at 2005年12月06日 17:23
こんにちは。
「ムラクモ」を名乗っていた者です(。-_-。)
コメント&TBありがとうございました。

事情により、ブログを引っ越したので名前を変えてしまいました。
もし、良かったらまた見に来てやってください。
いきなりの書き込みで失礼しました。
Posted by スサ at 2005年12月21日 22:50
スサさん こんにちは。
ブログお引っ越しされたのですね。
さっそく引っ越し先のアドレスもお気に入りに登録させて頂きました。
これからもよろしくお願いします♪
Posted by クマ at 2005年12月25日 15:40
僕は結構、昼食に頻繁にマクドナルドを食べますが、そんなに太りません。
モーガン監督が10KG以上太ったのはスーパーサイズやただでさえ量の多いアメリカのマクドナルドを食べたからだと思います。
スーパーサイズなんて日本のMサイズの3倍近いカロリーがあるみたいです。
とにかくアメリカ人と日本人とでは食べる量がと比べ物になりません。
コーラを1ガロン飲むなんて正気の沙汰ではありません。
肥満で訴えた少女も人一倍、食べる人だったと思います。
バランスの良い食生活も大切ですが食べすぎが一番の原因だと思います。
Posted by かっちゃん at 2009年10月01日 02:08
かっちゃんさん、こんばんは。
コメントどうもありがとう♪

マクドナルドに代表される、ファーストフードの質の問題もありますが、そもそもアメリカ人の食べる量が問題なのでは?という意見には私ももちろん賛成です。
食べ物も飲み物も、日本人の私からするとすべてが多すぎると感じますからね。

マクドナルドをはじめとするファーストフード業界の実情も、肥満少女が起こした裁判も、時間を置いてみるとなんともアメリカらしいエピソードだなぁと感じずにはいられませんね。ほどほど、という言葉を知らないというかなんというか(笑)。

ちなみにこの作品を見た直後はさすがに足が向きませんでしたが、今では普通にマクドナルドで飲み食いしてます。まだ震えが来たことは一度もないですけどね(笑)。
Posted by クマ at 2009年10月01日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10240065

スーパーサイズ・ミー
Excerpt: スーパーサイズ・ミー 今回の映画は、ドキュメンタリー映画として話題となった「スーパーサイズ・ミー」です。 〜STORY〜 アメリカで肥満症の女性2人が肥満の原因はマクドナルドにあると..
Weblog: 映画の世界って・・・
Tracked: 2005-12-06 02:21

137*SUPER SIZE ME〜スーパーサイズ・ミー〜
Excerpt:  「マックを30日間毎日、1日3食摂り続けたらどうなるか??」 健康上全く問題のない監督自らが、この実験に挑んだ。 ルールは・・・・ 1.店内に存在するものしかオーダーしてはいけない。 2.勧められた..
Weblog: Lovely 電影生活
Tracked: 2005-12-21 19:27