2008/09/10

『冷血』

冷血」 ★★★☆☆

IN COLD BLOOD (1967年/アメリカ)
監督:リチャード・ブルックス
原作:トゥルーマン・カポーティ 「冷血」
出演:ロバート・ブレイク、スコット・ウィルソン、ジョン・フォーサイス

トゥルーマン・カポーティ原作の同名小説を映画化した作品。原作が恐ろしく緻密に描かれているだけに2時間で全てを描ききることはやっぱり無理だったか。小説との合わせ技でならかなりいい線いってるけど、単体で鑑賞した場合、単なるクライムサスペンスに成り下がってしまっているんじゃないだろうかと思ってみたり。原作を知らない人はこの作品をどう観るのかな?(そもそも観ないのかもしれないけれど)個人的にはもっとドロドロとした煮え切らない感情ってものを描いてほしかったなぁと思う。

頭の中で想像しながら小説を読み進めていた時と違って映画を観た今、全てが具体的な形となって視覚的にとらえられるようになった分、この作品に対する恐怖も半減したように思う。想像力を停止させるという意味では映像は暴力的だよな。そういえば「レッド・ドラゴン」でレクター博士が「想像力の代償は恐怖だ」と言ってたけど、なるほどなと思う。ということは私の頭の中の方がより危険ということか!?

 →AMAZON 冷血
 →eiga.com 冷血
 →allcinema 冷血

ブログランキング参加中です。記事が気に入って頂けましたらClickお願いします↓

posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/106304419