2008/09/27

『ヘルレイザー ワールド・オブ・ペイン』

ヘルレイザー ワールド・オブ・ペイン」 ★★☆☆☆

HELLRAISER: DEADER (2005年/アメリカ)
監督:リック・ボータ
出演:ダグ・ブラッドレイ、カリ・ウーラー、サイモン・クンツ
   ポール・リス、マーク・ウォーレ

謎のカルト集団デッダーとデッダーに潜入取材を試みる女性記者の話。現実と幻想との境界が曖昧で観ている側を混乱させるような演出は「ヘルレイザー」らしいと思う。ただしストーリーに深みが無いので観ててもそれほど面白くないんだけどね。それでもシリーズの中では死体の描写(とくに目ね)だったり床にできた血溜まりやシャツに滲み出す赤黒い血の色だったりと、結構頑張ってる方だと思う。特に冒頭のアパートを訪ねるシーンは緊張感があって良かった。

サブタイトルはワールド・オブ・ペインだけど(原題のサブタイトルはそのままDEADER)、どちらかというと「魔導師のお仕置き」って感じ。他人の褌で相撲をとるな、といったところでしょうか。ラストの自殺することで魔導師の魔の手から逃れるっていうラストはシリーズとしてはかなり異色だと思う(←激しくネタばれにつき反転表示)。ある意味グッドエンドなのかも。

■ヘルレイザーシリーズ レビュー一覧
 ・ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ ★★★☆☆
 ・ヘルレイザー リターン・オブ・ナイトメア ★★☆☆☆

 →AMAZON ヘルレイザー ワールド・オブ・ペイン
 →allcinema ヘルレイザー ワールド・オブ・ペイン

ブログランキング参加中です。記事が気に入って頂けましたらClickお願いします↓

posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/107190148
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。