2008/10/08

『不都合な真実』

不都合な真実」 ★★★★☆

An Inconvenient Truth (2006年/アメリカ)
監督:デイヴィス・グッゲンハイム
出演:アル・ゴア

2000年の大統領選で現ジョージ・ブッシュ大統領と激戦を繰り広げたアル・ゴア氏の講演活動を行う姿を追ったドキュメンタリー作品。第79回アカデミー賞において長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したこの作品のテーマはズバリ!地球温暖化。ゴア氏が世界各地で行っているスライドショーを軸に地球温暖化のメカニズム解説から未来予測までを行い、地球温暖化を他人事とし無関心でいる全ての人間に警鐘を鳴らす内容となってます。同じ地球に住むものとして是非一度は観ておくべき。今本気にならずして、何時本気になるつもり?

地球温暖化という切迫したテーマを扱っているだけに観る側にビシバシ響いてくるのは当たり前なんだけど、それより私の興味をとらえたのはプレゼンテクニックの上手さ。さすが大統領選を戦っただけのことはあるなー、と思わず感心してしまった。特に金と地球を天秤にかけたスライドを見せるシーンが印象的。難し過ぎず易しすぎず、正確かつ明確に、ユーモアを織り交ぜつつ繰り広げられるプレゼンを見ていると「もしこの人が大統領だったらば…」と思わずにはいられませんでした。

作品の内容もかなり面白い(という表現は不謹慎ですが、実際面白いから仕方がない)けれど、個人的にはエンドロールを押したい。温暖化防止を呼びかけるメッセージが次々と流れていく中で、一番印象的だったのはコレ。


『お祈りを信じる人は


 人々が変わる勇気を持てるよう祈りましょう。』


他のメッセージが直接CO2排出量の少ない生活を訴えるものだっただけにぐっときた。
明日からはマイ・バッグ持参で少しでも温暖化防止に協力することにしよう。

 →AMAZON 不都合な真実
 →eiga.com 不都合な真実
 →allcinema 不都合な真実

ブログランキング参加中です。記事が気に入って頂けましたらClickお願いします↓

posted by クマ at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL