2008/10/10

『ハイテンション』

ハイテンション」 ★★★☆☆

HAUTE TENSION (2003年/フランス)
監督:アレクサンドル・アジャ
出演:セシル・ドゥ・フランス、マイウェン、フィリップ・ナオン

フランス発のスプラッター・ホラー。あまりにも残虐的な演出が多くて公開当時結構話題になった作品だったような…。確かに血飛沫の量も半端じゃないし痛々しい描写がコレでもかってくらい続いてるんだけど、直視できないってほどではなかったです。やたらめったら人を殺しまくる訳のわからない残虐性ってところでは「テキサス・チェーンソー・ビギニング」にも通じるところがあるように思うけど、美人のお姉さんが主人公なだけこちらの方が見やすいかな。

他のスプラッタ映画と違って評価できるのは、主人公の女性がちゃんと考えて理性的に行動しているところ。ホラー映画にでてくる女性って無意味に逃げ惑うか、逆ギレして相手に向かっていくってパターンが多いじゃないですか。でもこの作品では、逃げるにしてもちゃんと冷静に判断して行動している。さらに他の被害者も一様にまともな人ばかり。そういうところは珍しいし面白いなぁって思う。

とはいえ、やっぱりあのオチは頂けない。この展開であの結末ははっきり言って反則技以外の何者でもないでしょ。他の多くの意見同様、私もかなりのブーイングです。それまでのスプラッターぶりがかなりいい線いってただけに、非常に残念。

 →AMAZON ハイテンション
 →eiga.com ハイテンション
 →allcinema ハイテンション

ブログランキング参加中です。記事が気に入って頂けましたらClickお願いします↓

posted by クマ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/107800091