2008/10/13

『CSI:マイアミ シーズン5』

CSI:マイアミ シーズン5」 ★★★☆☆

C.S.I.: MIAMI 5(2006年〜2007年/アメリカ)
監督:ジョー・チャペル、マット・アール・ビーズレイ、サム・ヒル
   スコット・ロータネン、イーグル・エギルッソン
   カレン・ガヴィオラ
製作総指揮:ジェリー・ブラッカイマー
出演:デビッド・カルーソ、エミリー・プロクター、カンディ・アレクサンダー
   アダム・ロドリゲス、ジョナサン・トーゴ、レックス・リン、エヴァ・ラルー

デルコの姉でありホレイショの妻となったマリソルが犯罪組織マラノーチェに銃殺されたその6週間後という設定でシーズン5はスタート。ホレイショとデルコがマリソル銃殺の首謀者リアズを追いブラジルへ。ホレイショの弟レイモンドや妻のイエリーナ、そして甥のレイモンドJrを巻き込みリアズを追い詰めるのだが…。

さてさてマイアミもとうとうシーズン5。長年引きずった弟レイモンドとの問題に決着が付き(必然的にイエリーナとの駆け引きも終了)、すったもんだした挙句結婚にたどり着いたと思いきや、幸せの絶頂でマリソルが殺されてしまうというなんとも後味の悪い前シーズン。が、今シーズンも負けず劣らずヘビーな展開が多いです。例によってネタばれ全開なので、未見の方・ネタばれ勘弁の方は本編をご覧になってからどうぞ。ちなみにDVDの発売は2008年12月5日の予定とのこと。


<以下激しくネタばれ>


マイアミという場所柄のせいか、犯罪組織と対峙するエピソードが多いのが気になる。科学捜査ももちろんあるけど、どちらかというと技術的な内容よりは犯人を追い込むテクニックみたいなところに重きを置いているような内容が多いように感じた。ついでに前エピソードの登場人物が度々出て来たりするので、記憶力の悪い私にとってはちょっとめんどくさく感じた部分もあったかな。

ということで今シーズンのポイントをまとめるとこんな感じ。
 ・ウルフの態度がかなり横柄に。ヤな奴度さらに上昇中↑。前シリーズで問題になったキャスターとのつながりは今シーズンも続いている様子。ギャンブルやってたりと火種が沢山。(吹き替えの影響も大きいとは思うけど)やけに含みのある言動といい、いつかなにかやらかしそうと思っていたら…!
 ・元DNA分析官で過去に内務監査を行っていたナタリアが捜査官として着任。DVが原因で離婚した夫に執拗につきまとわれたり、ウルフに不当にあつかわれたりとなにかと波乱続き。
 ・ホレイショのキメ台詞がさらに加速。内容といい迫力といい、回を増すことにどんどん深みを増していくのが面白い。(たまにドン引きする内容もあるけど…)
 ・カリーは管理職希望?ホレイショに負けず劣らず取調べでの凄みが増してきたような…。最近では大好きな銃を笑顔で扱うシーンも減り、ファンとしてはさびしい限り。ヘアスタイルやファッションも見所かと。

あと、容疑者として拘束されたり裁判沙汰になったり爆破事件の現場に居合わせたりと、捜査官自身が事件に巻き込まれるエピソードが多かったのも印象的だったかも。特にデルコなんかは死にかけるし。あと、あくまでイメージだけど、ホレイショ人撃ちすぎ(殺しすぎ?)のような気が…。1話目で箍がはずれた??

この先はシーズン6への持ち越し項目。新シーズンが始まる時は一度目を通しておさらいすることを忘れずに!
 ・再登場のイエリーナ、ホレイショとの関係は如何に。
 ・ウルフは無事更正・復職できた?
 ・カリーと恋の行く末は?つかデルコとはどうなのさ。

 →CSIシリーズ 公式サイト ←サイト内にCSI検定なるものが!
 →WOWOW CSIシリーズ 公式サイト
 →AMAZON CSI:マイアミ シーズン5
 →allcinema CSI:マイアミ シーズン5

ブログランキング参加中です。記事が気に入って頂けましたらClickお願いします↓

posted by クマ at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 海外ドラマ



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/107942890

ホレイショ CSI
Excerpt: 「CSI:マイアミ」シーズン5を見ました。 テレ東にて 月曜〜水曜日、11時半にやってました 久しぶりのマイアミで やはりというか 相変わらずのマイアミ=ホレイショですね マイアミは科学捜査とい..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2010-12-12 12:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。