2004/09/26

見た目で判断しちゃいけません! 『キューティ・ブロンド』

本日の映画:キューティ・ブロンド ★★★☆☆ 
カリフォルニアCULA大学(UCLAではないので注意!)の女子社交クラブ“デルタ・ヌウ”の会長を務めるエル・ウッズ。政治家をめざす自慢の恋人からのプロポーズを心待ちにしていたエルだったが、予想に反し彼からは「ブロンドは議員の妻にはふさわしくない」という理由で別れを告げられてしまう。どうしても彼を諦めきれないエルは、彼の後を追ってハーバードのロー・スクールに進学することを決意する。監督はロバート・ルケティック。出演はリース・ウィザースプーン、ルーク・ウィルソンほか。

ロー・スクールというお堅い世界に一人飛び込んだちょっぴりおバカで元気いっぱいのブロンド娘が目の前に次々と現れる難題を乗り越え、一人前の弁護士になっていく姿を描いた作品です。底抜けに明るくてとってもキュートな痛快サクセスストーリー。鑑賞後は絶対元気になれること間違いナシですよ!


みどころはなんといってもエルのどこまでもポジティブな言動。彼女の奇抜なファッション、そして天然ともとれる能天気な言動は、当たり前のごとくお堅いロー・スクールという世界では浮きまくります。仲間もそんな彼女に一瞥を与えるばかりでなかなか打ち解けてくれません。しかし、彼女はそんな些細なことにはめげず勉強に励みつつ外見もファッションセンスも磨き続けます。おバカなブロンド娘なんですが、その一途さゆえ、憎めないんですよね。

ストーリー意外でも、くるくると変わるエルの衣装や愛犬ブルーザーの衣装、そして可愛くておしゃれな小物の数々。劇中にでてくるペン一つとっても彼女のセンスが楽しめます。個人的にはピンクってなんか甘ったるくて女を媚びているような気がして好きではないのですが、不思議とこの作品に登場するピンクには嫌悪感は湧きませんでしたね。それもこれも彼女のキャラクターの賜物でしょうか。しかし、このタイトルは酷いな(笑)。
*****作品データ*****
キューティ・ブロンド
LEGALLY BLONDE(2001年/アメリカ)
監督:ロバート・ルケティック
出演:リース・ウィザースプーン、ルーク・ウィルソン、セルマ・ブレア、マシュー・デイヴィス
公式サイト:http://www.foxjapan.com/movies/cutieblonde/
  →この作品をAMAZONで確認

ちなみに続編では無事弁護士になったエルがひょんなことから政治の中心ワシントンへと乗り込むことになります。今作同様、鑑賞後は非常にポジティブになれる作品ですので、こちらも合わせてどうぞ。続編『キューティ・ブロンド ハッピーMAX』のレビューへはこちらからどうぞ。
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL