2009/02/08

『アイ・アム・レジェンド』

アイ・アム・レジェンド」 ★★★☆☆

I AM LEGEND (2007年/アメリカ)
監督:フランシス・ローレンス
原作:リチャード・マシスン 『地球最後の男(別題:アイ・アム・レジェンド)』
出演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク
   チャーリー・ターハン、サリー・リチャードソン
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/iamlegend/



「人類絶滅」っていう言葉から勝手に核戦争とか天変地異とかそういったものを想像してたんだけどバイオハザード系の作品だったとは予想外でした。面白いことは面白いんだけどどうも不完全燃焼気味っていうの?前半部分はそこそこ緊張感もあったし謎な部分も多かったので見ていて面白かったんだけど、クリーチャーの全貌が明らかになったあたりからアレレ?な雰囲気が…。そしてあの結末。なんだかなぁーって感じです。

中でも私が一番気になっている(気に入らないともいう)のはあのクリーチャーのボスキャラの存在。明らかに意志を持ち統率能力を発揮していて、かつこの先このボスキャラがなにかしでかしますよー的な演出もしておきながら、結果があのエピソードだったっていうのは納得いかないんですけどー。

同じ原作で過去2回映画化されているとのことなのでちょっと見比べて見たいような気がしなくもないのだが、同じ内容かと思うとやめといた方がいいのかなとも思う。いやむしろ先に原作を読むべきかな。

ブログランキング参加中です。記事が気に入って頂けましたらClickお願いします↓

posted by クマ at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/113872013
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。