2009/03/06

『冷静と情熱のあいだ』

冷静と情熱のあいだ」 ★★☆☆☆

冷静と情熱のあいだ (2001年/日本)
監督:中江功
原作:江國香織、辻仁成 『冷静と情熱のあいだ』
出演:竹野内豊、ケリー・チャン
   ユースケ・サンタマリア、篠原涼子
   マイケル・ウォン、椎名桔平
公式サイト:http://www.excite.co.jp/event/jyonetsu/

予定調和だけど、最後にもうひと廻りさせられる所は面白かったかな。偶然と必然の使い分けが上手いとも思った。原作は辻版も江國版もどちらも読んでないんだけど読んでみてもいいかも。10年という年月を経て再会する男女を描くという結構ありがちな内容なんだけど、フィレンツェそしてミラノの美しい街並みとエンヤの歌声で別モノになったように思う。

印象的だったのは順正が勤める工房で起こった事件とその結末。犯人は椎名桔平で決まりだろ、と思っていたのであの展開には正直驚かされた。でも妙な納得感があったのも確か。個人的には竹野内豊があんまり得意じゃないこともあり、怪しげな臭いがぷんぷんする椎名桔平に興味をそそられてしまいました。

ブログランキング参加中です。記事が気に入って頂けましたらClickお願いします↓

posted by クマ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/115049481