2006/01/10

ゾンビだらけの地下研究所から脱出せよ! 『バイオハザード』

本日の映画:バイオハザード ★★★★☆ 
ラクーンシティ地下深くアンブレラ社が保有する秘密研究所ハイブで開発中のウィルスが何者かによってばら撒かれる。アンブレラ社は感染拡大を阻止するため地上とのルートを完全に遮断・隔離されたハイブへと特殊部隊を派遣。そして彼らはハイブへの入口の洋館で出会った記憶喪失の女性アリスを連れハイブへと潜入する。監督はポール・W・S・アンダーソン、出演はミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、エリック・メビウスほか。

いわずと知れた大ヒットゲーム「バイオハザード」を題材に映画化された作品。この作品を鑑賞された方はやはりゲーム経験者が多いのでしょうか?私は映画も好きですが同じくらいゲームも大好きなので、原作となった「バイオハザード」シリーズはほぼ全シリーズプレイ済み。ゲームではあの画面展開する時の扉の開け閉めの“間”がもの凄く怖かったのですが、この作品はアクションホラーというだけあってミラ・ジョヴォヴィッチのアクションシーンがウリのご様子。

というわけで、みどころはやはりミラ・ジョヴォヴィッチ扮するアリスを筆頭とする人間VSゾンビの戦闘シーン。迫りくるゾンビの群れやゲームでもかなり手を焼かされたケルベロス(犬)などなど、迫力のある映像に満足満足。欲を言えばラスボス以外のモンスターなんかももう少し出してくれるとゲームファンとしては嬉しかったりするのですが、それはさすがに難しかったみたいですね。ま、そのあたりは次回作に期待するとしましょう。

そして、この作品でもの凄く印象に残っているのがクイーンへと続く通路でのエピソード。あのレーザーのシーンです。一瞬ギリギリセーフか?!と思ったのもつかの間、「ギョエーッ」てな展開になるところです。この作品の中で一番印象に残ってますよ、かるくトラウマになりそうなくらい衝撃的でした。痛い映像が苦手な方はご注意くださいね〜。
*****作品データ*****
バイオハザード
RESIDENT EVIL(2001年/ドイツ・イギリス・アメリカ)
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、エリック・メビウス、ジェームズ・ピュアフォイ
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 17:10 | Comment(2) | TrackBack(2) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
こんにちは〜。
ミケも一応ゲーム経験者です。でも「2」しかプレイしてません^^;
ミケもあのレーザーのシーンが印象に残ってます。一瞬助かったって思ったら…きゃぁ〜って感じでした。
Posted by kobitopenguin at 2006年01月12日 10:54
kobitopenguinさん
レーザーでのあの“間”は反則ですよね〜。
ズルッっていう音が聞こえてきそうな映像はまさに鳥肌モノでした。
ゲームとは違った意味で怖かったです。
Posted by クマ at 2006年01月12日 11:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11534544

バイオハザード
Excerpt: 進化を遂げたヒロインアクション 評価:♡♡♡ 2002年9月12日(今はなき、名古屋グランドにて)。 ゲームの方をちょっとやってみた事があって、それの映画化という..
Weblog: ミケの映画生活
Tracked: 2006-01-12 10:51

バイオハザード
Excerpt:  世界中でヒットしたゲームの映画化。「ジャンヌ・ダルク」のミラ・ジョヴォヴィッチ主演。粗筋 世界的な大企業アンブレラ社が運営する巨大地下研究施設「ハイブ」。ふとしたことで管理コンピュータが暴走し、中の..
Weblog: 非常に適当な本と映画のページ
Tracked: 2006-01-31 12:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。