2009/03/24

『グレイズ・アナトミー シーズン4』

グレイズ・アナトミー シーズン4』★★★★★

GREY'S ANATOMY (2007年〜2008年/アメリカ)
製作総指揮:マーク・ゴードン、ベッツィ・ビアーズ
      ションダ・ライムズ
出演:エレン・ポンピオ、サンドラ・オー、T・R・ナイト
   キャサリン・ハイグル、ジャスティン・チェンバース
WOWOW公式サイト:http://www.wowow.co.jp/drama/grey/

医療現場を舞台にした海外ドラマシリーズ「グレイズ・アナトミー」の第4シーズン。今シーズンではメレディス達はインターンからレジデントに昇格(ただしジョージはインターン残留)。自分達の仕事に加えインターンの指導という業務もこなすことに。さらにインターンとしてメレディスの異母兄弟であるレクシーが登場。第3シーズンで破局したクリスティーナとバークのその後とか、結婚したジョージとカリー、そしてイジーの横恋慕とかいろいろ見所ありです。例によってネタバレ全開ですので未見の方はご注意下さいませ。

※この先ネタバレにつき注意!※

今シーズンで一番印象に残っているのはクリスティーナ。歯に衣着せぬ語り口と傲慢な態度で仲間をバッサバッサと切り捨てていく彼女が今シーズンでは珍しく凹みまくり。バークの右腕としても十分通用するほどの実力と自分の技術に対するゆるぎない自信があるだけに、回を追うごとに増していく彼女の低迷ぶり(しかも90%以上が外部要因、というかほぼエリカ・ハーンのせい)には非常にイライラさせられた(きっと彼女が嫌いな人は「ザマミロ!」って思ってただろうな)。それだけにクリスティーナが復活を遂げる最後のエピソードが印象的。それでこそクリスティーナ!まってたよ〜!

クリスティーナ以外で印象に残ってるのはやっぱりカリーかな。ジョージとの破局からの復活にしてもエリカとの関係にしてもスローンとの関係にしても、なんか今エピソードで一番振り切れちゃった感があって面白かった。逆にジョージとイジーのエピソードはあんまり記憶に残ってないかも。そもそもイジーのキャラが苦手なこともあるんだけど、どうしてもあのおせっかい&優柔不断な性格は癇に障る。最終話で久々にデニーの名前が出てきたときには思わず「そうだよイジー、いくらなんでも立ち直りすぎだ!」って思わず突っ込んでしまった。

メレディスとデレクについては予定調和なので置いとくとして、気になったのはアレックス。彼のエピソードについてはやや後だしジャンケン的で納得感は薄かったかな。レベッカの持病にしてもアレックスの過去にしても。彼自身イイ奴なのかヤな奴なのか判断付かなくなってきたので来シーズンも静観の方向で。でももしイジーとくっつくんだとしたら(最終話ではかなり怪しい)ちょっとがっかりかも。

あと、シーズン3で降板したアディソンがスピンオフ番組の布石を打ちに再登場。久しぶりにあの頭の中が手に取るように分かってしまうシンプルな言動とテンションの高さを目の当たりにして、このシリーズの中ではアディソンも好きなキャラクターの上位にいたんだなぁと改めて感じた次第。こういうのが憎めないキャラって言うんでしょうね。ちなみに彼女を主役に据えたスピンオフ企画の「プライベート・プラクティス」も結構面白そうなので継続視聴予定。

◆他シーズンの感想はこちら↓
 グレイズ・アナトミー シーズン1 ★★★☆☆
 グレイズ・アナトミー シーズン5 ★★★★★
 グレイズ・アナトミー シーズン6 ★★★★★


ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL