2009/04/02

『嫌われ松子の一生』

嫌われ松子の一生」 ★★★★☆

MEMORIES OF MATSUKO (2006年/日本)
監督:中島哲也
原作:山田宗樹 『嫌われ松子の一生』
出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之
   市川実日子、黒沢あすか、柄本明
公式サイト:http://kiraware-matsuko.com/

やっと見れたよ=3。公開当時から気になって気になって仕方が無かった作品なんだけどなぜか縁がなくて今まで未見のまま来てしまった作品であります。前回の地上波放送では直後に中川(酒)元大臣の辞任会見に邪魔され惜しくも放送中止となってしまいましたが、今回の深夜帯の放送でやっと鑑賞できました(WOWOWでは何時まで経っても放送されない作品群ってものがあって、この作品もその作品群の中のひとつだったりします。何が理由なのかは良く解りませんが結構な確立で遭遇するのでユーザーとしてはちょっと困ってます。)ちなみに待ってる間に原作も読んで鑑賞準備は完璧。満を持しての鑑賞となりました。前置き長くてスミマセン。

運に見放された女の壮絶な転落人生を描いた作品。歌い踊るミュージカル調な仕立てと派手派手しくてドギツイ色調のせいか描かれている内容に反してそれほど暗くなりすぎていないところが凄いです。原作を読んだときのあの重苦しさはこの作品では皆無に近かった。しかも映画を見る前に原作を読んでしまうとその内容の薄さに多かれ少なかれがっかりさせられるけれど(時間の縛りがあるんだから仕方が無い)、この作品については原作と甲乙つけ難いほど内容の濃い作品だったと思う。さすがに風俗嬢関連のエピソードについては上手い具合に割愛されていたけど(それでも綾乃役のBONNIE PINKの歌とシルエット調の映像で必要十分な情報を伝えるというあの演出は上手いと思う)、ほぼ原作に忠実に作ってあったのには正直驚かされました。ほんと「凄い」の一言。

キャスティングもこれ以上無いってくらい豪華絢爛でひと癖もふた癖もある俳優陣が目白押し。出演者一覧を見てるだけでも楽しいです。そしてやはり主役の中谷美紀の怪演が印象的です。笑ったり泣いたり叫んだり殴られたりと目まぐるしく変化する松子のぶっ飛んだキャラを見事に演じきってたと思います(個人的にはあの変顔は要らなかったかもとも思っているのですが)。

とまあ作品の手技手法と出演者たちの役者魂については文句なく★5つの大絶賛なのですが、作品としては残念ながら★4つどまりといったところ。選択の誤りが不幸を雪だるま式に膨らませていくという部分や、その選択の原点が実は「親の愛を得る」というところに由来しているという部分は良いのだけれども、あのラストはちょっとやりすぎの感があっていただけなかった。もうちょっと余韻を楽しみたかったのになんか無理やり終了フラグ立てられちゃったって気分?父親とのエピソードがあれば十分伝わってると思ったので敢えて映像にしなくてもよかったんじゃないかなぁって思いました。

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL