2009/04/03

『幸せのレシピ』

幸せのレシピ」 ★★★☆☆

NO RESERVATIONS (2007年/アメリカ)
監督:スコット・ヒックス
出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エッカート
   アビゲイル・ブレスリン、パトリシア・クラークソン
   ボブ・バラバン
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/noreservations/

良作。両親と死別した少女と同居する社会的成功を収めた叔母、そしてアウトサイダーな男性。やや使い古された感がある設定だけど主人公の職業がシェフってところがミソかと。前半部分の盛り上がりに対してラストがあっけなく且つ予定調和すぎるところが少しもったいなく感じたけれど、それでも3人がそれぞれ心を通わせていくプロセスは丁寧に描かれていてとても好感が持てた。

印象的だったのは頑なに食事を拒んでいた少女がパスタを貪るように食べるシーン。美味しそうに食べる少女の姿もさることながら、アーロン・エッカートの巧みな誘導と少女を見守るゼタ=ジョーンズの母親的表情が素敵でとても微笑ましいシーンだったと思う。素直にお礼を言うゼタ=ジョーンズも良かったし。

食(料理)にまつわるエピソードが多いので見ていてお腹が減ってくるのが難点かと(笑)。こういった作品を見ているとおいしいものを美味しく頂けてそれを大事な人と共有できるってとても幸せなことなんだなって改めて感じます。ちなみにこちらはハリウッド版リメイク作品で2001年にドイツで製作された「マーサの幸せレシピ」がオリジナルなんだそうな。オリジナルも気になるので機会があったら是非鑑賞して見ようと思います。

追記(2009.9.3)
オリジナル作品である「マーサの幸せレシピ」鑑賞しました。基本的なプロットはほぼ同じでしたが、こちらには無い味がある作品だったと思います。詳しい感想はコチラから↓
 「マーサの幸せレシピ」 ★★★★☆

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL