2006/01/19

『モーターサイクル・ダイアリーズ』 ★★★★☆

厳しく美しく雄大な自然。
人々との触れ合いを通して少年は生きる意味そして目的を見つける。


本日の映画のは『モーターサイクル・ダイアリーズ』。革命家として生き、そしてこの世を去ったエルネスト・チェ・ゲバラが学生時代に友人アルベルトと共に行った10,000キロを超える南米大陸縦断の旅を描いたロードムービーです。監督はウォルター・サレス、製作総指揮はロバート・レッドフォード、出演はガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナほか。

実はこの作品を観たのは結構前だったりするのですが、なかなか思いがまとまらずレビューが書けずにいました。実は今現在も正直いって自分がどう感じているのかよく判らずにいますが、このまま放置するのもアレなのでちょっとだけ書いてみようかな、と。とりあえず今はっきりと言えるのは予想していた内容とちょっと違っていた、ということだけ。決して面白くなかったというわけではないのですが、どう感じるべきなのかが判断できないといった感じ。いや、それともちょっと違うかな?う〜ん、上手く表現できないなぁ。

色々と考えてみてなんとなくわかったのは、私自身どうやらこの作品に並々ならない期待を抱いていたということ。鑑賞前にチェに関する書籍を読み漁ったということも災いしているらしく、どうもチェ・ゲバラへの思い入れが強すぎるっていうのが原因のよう。そんなわけでロードームービーらしく最初から最後まで客観的な視点で描かれている部分が不満でもあり同時に満足でもあるという、我ながら矛盾した感想になってしまうわけで。主観的な視線を期待しつつも、想像しているゲバラ像とかけ離れていたら嫌だなぁなんて思ったり。じゃあ逆にどういう内容なら100%満足できたのか?と聞かれても結局のところ明快な答えも出せないヘタレな自分もかなりイヤだったりします。ま、今回の件でよく解ったのは作品に対する過剰な思い入れや期待は危険だということ。改めて思い知らされましたね。以後気を付けようと思います。

とはいえ、旅の途中彼らが出会う多くの人たちの姿や、雪のアンデス、マチュピチュ遺跡、アマゾン河などの厳しくも美しい広大な風景はとても印象に残っています。おんぼろバイクにまたがり無邪気に笑う二人の姿もまた印象的。彼らのように冒険とまではいかないまでも、久しぶりに知らない土地を旅してみたいという気にさせてくれた点では、とても良い作品だったと思います。
*****作品データ*****
モーターサイクル・ダイアリーズ
THE MOTORCYCLE DIARIES/DIARIOS DE MOTOCICLETA(2003年/イギリス・アメリカ)
監督:ウォルター・サレス
原作:エルネスト・チェ・ゲバラ
製作総指揮:ロバート・レッドフォード
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ
公式サイト:http://www.herald.co.jp/official/m_cycle_diaries/index.shtml
  →この作品をAMAZONで確認

ちなみに、私の読んだゲバラ関係の本の中で一番良かったのはこちらの作品。チェが革命家としてのどのように成長して行き、何を信じ、何を求め続けていたのかがとても丁寧に描かれていますので、あまり知識を持たない私にとってもとても理解しやすく読みやすい内容でした。革命家としての彼はなんだか近寄りがたい雰囲気ですが、この本に描かれている彼は人間臭さに溢れとても魅力的です。ぜひ一度読んでみてください。
posted by クマ at 16:49 | Comment(2) | TrackBack(9) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
こんばんは。
自分も映画の前にゲバラ本結構読み漁ったので、革命への傾倒や思想的な拘泥などの革命家としてのゲバラの色がほとんど出ていない点は少し意外だったです。で、もう一度観に行って反ってそれが一般的な青春ロードムービーとしての普遍性を持つ所以となったように感じました、誰にとっても受け入れ易い作品にはなってますね。
ラストのアルベルトの表情が最高でした。

ベニチオ・デルトロ主演の"Che"(http://us.imdb.com/title/tt0374569/)はその後の話のようなので楽しみっすw
Posted by lin at 2006年01月20日 01:34
linさん こんにちは。
linさんもゲバラ関係の書籍沢山読まれてますね。素晴らしい!
レビューではあまり作品自体の感想がかけませんでしたが、たしかに思想的なものを極力排除したことが効を奏してロードームービーとしては完成度の高い作品に仕上がっていると思います。若者らしい無鉄砲さと純粋さのバランスもいいし、それより何よりエルネスト役のガエル・ガルシア・ベルナルの抑えた演技が良かった。linさんのおっしゃるとおりラストのアルベルトの表情も印象的でしたしね。
ただ、やはり思い入れが強すぎて素直に見れないというか(笑)。もう一度観たら多少客観的に見れるのかもしれません。時間を置いて再見したいと思います。

教えてくださった"Che"もとても興味津々です。しかもベニチオ・デルトロですか!今から期待が高まりますね。楽しみです♪
Posted by クマ at 2006年01月20日 15:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11924810

「モーターサイクル・ダイアリーズ」
Excerpt:  モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 「モーターサイクル・ダイアリーズ」 ★★★★☆ 監督:ウォルター・サレス 原作:エルネスト・チェ・ゲバラ 、アルベルト・グラナー??
Weblog: NUMB
Tracked: 2006-01-20 01:21

DVD「モータサイクル・ダイアリーズ」
Excerpt: キューバ革命の指導者、エルネスト・チェ・ゲバラの若き頃の物語。実際に本人の日記が原作として使われているらしいです。 医学生だった頃のゲバラが、南米大陸を旅をし過酷な現実を知り最後には人格が変わっ..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-01-21 22:33

モーターサイクル・ダイアリーズ
Excerpt: 革命家チェ・ゲバラの若き日を描いたロードムービー。 チェ・ゲバラという人物が、どのような人物なのか良く知らずに見た。 単純に青春物のロードムービーのつもりでDVDを借りてきたから… どう..
Weblog: グレート・タカの徒然なるままに…
Tracked: 2006-03-02 03:25

モーターサイクル・ダイアリーズ
Excerpt: 伝説の革命家、その若き日の冒険旅行 モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 医学生のエルネスト(ガエル・ガルシア・ベルナール)と年上の友人 アルベルト(ロドリゴ・デ・ラ・セルナ)..
Weblog: みるよむ・・・Mrs.のAZ Stories
Tracked: 2006-03-02 12:10

映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』
Excerpt: 原題:The Motorcycle Diaries チェ・ゲバラといえばフィデル・カストロと共にキューバ革命の成功があまりにも有名だ。その後もアメリカ帝国主義と闘い続け、英雄となった・・・。 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-03-25 13:10

『モーターサイクル・ダイアリーズ』 チェ・ゲバラ
Excerpt: 実在の革命家、チェ・ゲバラがモデルの映画。 と言われても、全然知らないのですがゲバラさん。 なじみがあるのは、木村さんが着ていた、 ゲバラTシャツくらい? 馬にも抜かれるオンボ..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2006-05-05 11:38

【DVD】モーターサイクル・ダイアリーズ
Excerpt: ▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 映画「チェ 39歳 別れの手紙」の予習 ▼感想 チェ・ゲバラのターニングポイントを見届ける ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2009-01-26 19:47

モーターサイクル・ダイアリーズ
Excerpt: 23歳の医学生エルネスト・ゲバラは、親友アルベルトと共に中古のおんぼろバイクを駆って南米大陸を縦断する冒険の旅に出る…。 のちにキューバ革命の指導者となり、世界中から愛された革命家チェ・ゲバラの情熱的..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2009-01-29 20:06

『モーターサイクル・ダイアリーズ』’04...
Excerpt: あらすじ伝説の革命家チェ・ゲバラの青春の日々23歳の医学生エルネスト・ゲバラは、親友の生化学者アルベルトとともに、中古のおんぼろバイクで南米大陸を縦断する冒険の旅に出る。...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2010-06-20 22:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。