2006/01/24

『バッファロー・ソルジャーズ 戦争のはじめかた』

第一印象とは裏腹に、意外に真面目な作品。


本日の映画は『バッファロー・ソルジャーズ 戦争のはじめかた』。1989年冷戦真っ只中の西ドイツ。シュツットガルトに駐屯する米陸軍基地では、戦う相手もおらず平和ボケした兵士達が毎日を送っていた。そんな中、陸軍の物資の横流しやヘロインの精製・密売で稼いだ金で贅沢な暮らしを送っていたレイ・エルウッドの前に根っからの軍人気質を持ったリー曹長が現れる。監督はグレゴール・ジョーダン。出演はホアキン・フェニックス、エド・ハリス、スコット・グレンほか。

9.11テロの影響もあってかアメリカではそのふざけた内容に非難が集中。公開時期が5度も延期されてしまったというイワク付きの作品。私自身、初めてチラシを観た時には「おぉー、これはヤバそうだ」と思ったのを記憶してます(公式サイトのトップ画像も同じモノですね)。が、実際に鑑賞してみた感想としては公開が延期されるほどふざけた内容でもなければオモシロ可笑しく事実を歪曲しているわけでもなさそうだし、予想に反して意外に真面目な作品だったなぁ、というのが正直なところ。多少ブラックユーモアが効き過ぎたようなシーンも多少ありますけど、公開を延期するほどかな?って感じです。

中でも印象的だったのがホアキン・フェニックス演じるエルウッドの一貫して悪びれない姿。物資の横流しやヘロインの精製・密売といった内容からとうとう武器の密売まで行うというところまでエスカレートしてしまうのですが、そんな大それた犯罪を犯しながらも彼自体はいたって客観的というかなんというか。窮地に陥ってもなぜか他人事のように醒めた目をしているところが不気味でしたね。

ま、一つ確実にいえるのは5度も公開日が延期されたことからもわかるとおり、とても強い愛国心を持つアメリカ人にとってこの映画に描かれている内容は(たとえその大半が事実だとしても)決して納得できない内容だということ。私だって日本の悪事ばっかりの映画なんて観たくないし、たとえ事実だとしても決して気分は良くはないでしょうね。そう考えるとアメリカでのこういった反応はそれほど不思議なことではないかもしれません。しかし、まぁ、この作品が延期されている間にアフガニスタンへの空爆が開始されイラク戦争が勃発したっていうのも作品以上に皮肉な話だと思いますけどね。
*****作品データ*****
バッファロー・ソルジャーズ 戦争のはじめかた
BUFFALO SOLDIERS(2001年/イギリス・ドイツ)
監督:グレゴール・ジョーダン
原作:ロバート・オコナー
出演:ホアキン・フェニックス、エド・ハリス、スコット・グレン、アンナ・パキン
公式サイト:http://www.cqn.co.jp/sensou/
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(2) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12185787

バッファロー・ソルジャーズ 戦争のはじめかた (2001年/イギリス)
Excerpt: BUFFALO SOLDIERS 監督: グレゴール・ジョーダン 出演: ホアキン・フェニックス     エド・ハリス     スコット・グレン     アンナ・パキン     ..
Weblog: 虫干し映画MEMO
Tracked: 2006-07-27 20:05

映画 『戦争のはじめかた』
Excerpt: 2004年の12月に鑑賞。 2001年に製作したんだけれど、 9.11テロなんかあったので、 公開が延期になっていたとかいう作品です。 『戦争のはじめかた』  2001年 原題 : BUFFALO ..
Weblog: Death & Live
Tracked: 2006-11-03 00:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。