2009/07/14

『プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち シーズン1』

プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち シーズン1」 ★★☆☆☆

Private Practice (2007年/アメリカ)
製作総指揮:ションダ・ライムズ、ベッツィ・ビアーズ
      マーク・ゴードン、マーク・ティンカー
出演:ケイト・ウォルシュ、ティム・デイリー
   オードラ・マクドナルド、ポール・アンダスタイン
   クリス・ローウェル、テイ・ディグス
   エイミー・ブレネマン、ケイディー・ストリックランド
WOWOW公式サイト:http://www.wowow.co.jp/drama/private/
プライベート・プラクティス ブログ:http://privatepractice.cocolog-nifty.com/

大人気テレビドラマシリーズ「グレイズ・アナトミー」のスピンオフ企画。「グレイズ〜」で主人公と恋に落ちた脳神経外科医の元妻で新生児外科医のアディソン・モンゴメリーを主役に共同医療センターで働くアラフォー世代の男女の姿を描いた作品。「グレイズ〜」でのアディソンのブッ飛びキャラが結構気に入っていたのでなにげに期待していたんだけど、残念ながら手放しで「面白い!」と言えるほどの内容ではなかったというのが正直なところ。初回シーズンってこともあり作品の方向性が決めきれなかったのが最大の原因だと思うけど、キャラクターにしても脚本にしてもどうも中途半端な感じが否めないシーズンだったと思う。脚本ありきというよりはむしろキャラクターに頼っている部分が大きいのでそもそも「グレイズ〜」を見てない人にとっては全く魅力感じないんじゃないかなとも思うし。何とか持ち直せるかなと思ったところで惜しくも最終話。とりあえず次のシーズンも見るとは思うけどあんまり期待しない方がいいかなぁ。

特筆すべき点は職場である共同医療センターのこと。新生児外科医のアディソンに加え親友のナオミが生殖医療を専門としているってこともあり妊娠・出産に纏わるエピソードが多いのが特徴的。この手の問題を抱えている方にとっては結構シビアな内容かと思いますのでその点ご注意を(現に「グレイズ〜」でのアディソン降板&スピンオフの布石エピソードでは彼女が自身の将来の妊娠の可能性について検査を行う、という内容だったりもしましたし)。

と、取り扱っているテーマは結構デリケートなのですがそれ以外の私生活部分は他のドラマと大差ないような内容なのも残念なところ。あいも変わらず内輪の恋愛話が延々と(笑)。主要メンバーが6人と少なめなので既に行き詰まり感が出ているのも気になる。そんな中一番の注目はクーパーかな。ラスト2話の展開は結構面白かった。次シーズンではアディソンがもっとおバカキャラになり切ることを期待してます(シーズン2はWOWOWにて秋に放送予定とのこと)。

※「迷えるオトナたち」はWOWOW独自のサブタイトルらしくDVDでは「LA診療所」になってました。ジャケのアディソンの顔がかなり怖いんだけど、もっとマシな写真は無かったんでしょうかねぇ…(苦笑)。

◆続くシーズンの感想はこちらから↓
 プライベート・プラクティス シーズン2 ★★★★☆
 プライベート・プラクティス シーズン3 ★★★★★
<シーズン1 エピソード一覧>
第1話 最低で最高のはじまり
第2話 予期せぬ訪問者
第3話 魔法を探して
第4話 ホーム・パーティーの行方
第5話 夢と妄想
第6話 優しい嘘
第7話 ベビーラッシュ
第8話 秘密
第9話 大切な誰かのために

◆スピンオフ元のグレイズ・アナトミーの感想はこちら↓
 グレイズ・アナトミー 恋の解剖学(TV) ★★★★★
 グレイズ・アナトミー シーズン4 ★★★★★


ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/123461115