2006/01/29

『S.A.S. 英国特殊部隊2 #1 シージャック』 ★★☆☆☆ 

後半おしくも失速。
そしてなぜかラグビーに励む隊員達におもわず苦笑。


本日は『S.A.S. 英国特殊部隊2 #1 シージャック』。イギリス陸軍が誇る少数精鋭の特殊部隊SAS(イギリス陸軍特殊空挺部隊 Special Air Service)の活躍を描いたドラマです。第2シリーズ全3作の1作目。イギリス情報局保安部MI5からサウサンプトン港に停泊中の船舶に探知機を設置する任務を受けたSAS。ヘンノらが船内に乗り込むが脱出に失敗、焦りを感じた司令部はキャロラインに出航妨害を託す。しかしキャロラインの援護についていた隊員がデッキにいた武装した人影を発見し、激しい銃撃戦へと発展してしまう。出演はロス・ケンプ、ジェイミー・ドレイヴンほか。

第2シーズン一作目は激しい銃撃戦から。しかも当初船に潜んでいるのはテロ組織と踏んでいたけど実はフランス軍でした、というビックリな展開。さらには隊長の兆弾を受けてしまったキャロラインが瀕死の重傷を負ってしまうというおまけ付。ここまでの展開からこのシーズンは結構激しい内容になるのかな?なんて期待してみたのですが…。

みどころはなんといっても冒頭の潜入、そして銃撃シーン。なかでも銃撃シーンはTVドラマにしてはかなり本格的で見応えありましたね。その後銃撃戦の相手がフランス軍だと判り、事態が徐々に悪化していくところはなかなか面白い展開だとは思ったのですが、どうもあの新米隊員のダメっぷりが鼻についてやや興ざめしてしまいました。精鋭部隊の隊員にしては情緒面に著しく問題アリ!ではないですかね、彼。もっとプロフェッショナルな雰囲気を期待していただけに彼のキャラクタ設定にはちょっと不満が残ります。

それと、この今作でどうしても納得いかないのはなんといっても後半に登場するラグビーシーン。緊張感溢れる証言シーンの合間に挿入されるラグビーシーン!そのあまりにも脈略のない能天気な映像に失笑間違いなし。あ、でも「今回に限り、一度だけ殴って良し」というセリフにはウケましたが(笑)。
*****作品データ*****
S.A.S. 英国特殊部隊2
ULTIMATE FORCE(2002年〜)
監督:トム・クレッグ、ディアムイド・ローレンス、ティム・レアンドロ、リチャード・ホルトハウム
出演:ロス・ケンプ、ジェイミー・ドレイヴン、トニー・カラン、トム・ジョージソン、ダニー・スパーニ
WOWOW公式サイト:http://www.wowow.co.jp/drama/sas/
  →この作品をAMAZONで確認

第二シーズンの他エピソードはコチラから
S.A.S. 英国特殊部隊2 #2 テロリズム
S.A.S. 英国特殊部隊2 #3 バトルミッション
posted by クマ at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12451107
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。