2009/09/07

『ミディアム 〜霊能捜査官アリソン・デュボア シーズン1』

ミディアム 〜霊能捜査官アリソン・デュボア シーズン1」 ★★★★★

MEDIUM (2005年/アメリカ)
製作総指揮:グレン・ゴードン・キャロン、レネ・エシェヴァリア
      ケルシー・グラマー、ロナルド・L・シュワリー
      スティーヴ・スターク
出演:パトリシア・アークエット、ミゲル・サンドヴァル
   デヴィッド・キュービット、ジェイク・ウェバー
   ソフィア・ヴァジリーヴァ、マリア・ラーク
WOWOW公式サイト:http://www.wowow.co.jp/drama/medium/
FOX番組サイト:http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/69

アメリカに実在し、現役で活躍している霊能者アリソン・デュボアの日常を描いた作品。第57回エミー賞で主演のパトリシア・アークエットがドラマ・シリーズ主演女優賞を受賞するなど本国でも話題となっている模様。WOWOWでは既にシーズン4が終了してます。

基本的には予知夢という形で事件に接触するので番組は必ず登場人物が見る夢のシーンからスタート。彼女は主に夢を媒介に死者とのコミュニケーションを図るのですが、エピソードによっては死者と会話したり人の心が読めたりもするのでそういう意味では彼女の才能は多岐に渡っているみたい。霊能者とはいうものの、作品としてはミステリー色の強い仕上がりとなっているのでホラーやオカルトはちょっと…という方でも楽しめる作品だと思います。とはいえ、夢とはいえ犯罪現場に居合わせ事件の一部始終を目撃するというシチュエーションが多いので、グロい映像が苦手という方にはちょっと辛いかもしれません。その点はご注意を。

この作品の最大の魅力は彼女が平凡な主婦であり幸せな家族に恵まれているっていうところ。3人の娘と理解のある夫が彼女を支えるのですが、とても仲が良くてまさに家族の理想像。目を覆いたくなるような陰惨な事件と理想的な家族というコントラストもまたこの作品の特徴だと思います。予知夢とはいっても、ずばりそのものを見る時もあればヒントが断片的に与えられるといったような時もあり、謎解き要素が強いところも魅力の一つ。困った時は神頼みではなく彼女頼みって感じでしょうか。

<この先ネタバレにつき、ご注意!>

今シーズンの見所は、やはり検事局に勤めることになるくだりとそこでいかにしてデヴァロス検事やスキャロン刑事らの信頼を得ていくかというところかと。あるときは殺人現場そのものを目撃したり、またあるときは事件のヒントだけだったり。過去なのか未来なのかもわからないし、そもそも単なる夢と予知夢の区別がつけ難いというコントロールの利かないもどかしい状況をアリソンと共有するところも醍醐味だと思う(これは今後のシーズンも変わらないけど)。あと、アリソン以外にも能力が受継がれていることを示唆するエピソードが出てくるところも見所のひとつ。ちなみに第16話の「フェニックスの怪人 Part1 」は第2シーズンへ続くエピソードとなっています。

<シーズン1 エピソード一覧>
 # 1 予知夢
 # 2 夢と記憶
 # 3 死の婚礼
 # 4 新しい友達
 # 5 訪れた危機
 # 6 未来からのメッセージ
 # 7 リワインド・ドリーム
 # 8 告白のとき
 # 9 秘密の少女
 #10 再会
 #11 40年の時を経て
 #12 蘇った死刑囚
 #13 究極の選択
 #14 無罪と有罪
 #15 悪魔のささやき
 #16 フェニックスの怪人 Part1

続シーズンの感想はこちらから↓
 ミディアム 〜霊能捜査官アリソン・デュボア シーズン4(TV) ★★★★★
 ミディアム 〜霊能捜査官アリソン・デュボア シーズン5  ★★★★☆
 ミディアム 〜霊能捜査官アリソン・デュボア ファイナル・シーズン ★★★★☆


ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 海外ドラマ



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


かものはしかも。
Excerpt: かものはしかも。の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「かものはしかも。」へ!
Weblog: かものはしかも。
Tracked: 2009-09-07 03:31