2009/09/10

『ことの終わり』

ことの終わり」 ★★★☆☆

The End of the Affair (1999年/イギリス・アメリカ)
監督:ニール・ジョーダン
出演:レイフ・ファインズ、ジュリアン・ムーア
   スティーヴン・レイ、イアン・ハート
   ヘザー・ジェイ・ジョーンズ

一方的に女性から別れを告げられ、突然終わってしまった情事。彼女への思いが断ち切れずにいた男性は、2年後に偶然再会したことをきっかけに真相を探り始める、といった内容。不倫云々については脇に置いとくとして、キモは別れた理由なんでしょうね、きっと。個人的には「ま、こういうこともあるかもしれないなぁ」くらいの感想でしかないけれど、当の本人にして見たら「そりゃないぜ」だろうなぁと。まぁ男性に比べ女性の方が信心深いので、あんな事態に遭遇してしまったら尚更、ああいった極端な行動をとってしまうっていうのもアリだと思います。別れの理由もそうですが、結末もラブストーリーとしては少々異質。何も知らずに見た私は予想外の展開に少々驚かされました。

特筆すべきは体当たりの演技を見せたジュリアン・ムーア。作品によってアップダウンの激しい女優さんではあります(彼女の才能というよりも作品の良し悪しに問題あり、の場合が多いです)が、今作での彼女はクラシカルな雰囲気ともマッチしていたし、上手い具合に悲壮感も漂っていてかなり見ごたえあったと思う。彼女はもう、サスペンス作品は止めにして、ロマンス作品(60〜70年代くらいが舞台だと尚良し)に的を絞って出てはどうかと思うのだが…。

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→

posted by クマ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/127660568
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。