2009/09/24

『西の魔女が死んだ』

西の魔女が死んだ」 ★★★☆☆

西の魔女が死んだ (2008年/日本)
監督:長崎俊一
出演:サチ・パーカー、高橋真悠
   りょう、大森南朋、高橋克実
公式サイト:http://nishimajo.com/top.html

梨木香歩の同名ベストセラーを映画化した作品。期待していたわりには満足度が低く残念。多分おばあちゃん役のサチ・パーカーに馴染めなかったのが敗因かと。ビジュアル的にはOKなんだけど語り口に違和感があって(流暢な日本語なんだけどなぜか耳にすんなり入ってこない)、最後まであの雰囲気に乗れそうで乗り切れなかったっていうのが正直なところ。あとサブ的なエピソードが結構端折りぎみなところも気になった。原作もそれほどボリュームがあるわけじゃないんだから、何気ない暮らしの中の一つひとつのエピソードをもう少し丁寧に描いて欲しかったなぁ。「質素だけれども丁寧な暮らしぶり」というのがこの作品で重要な意味を持っていると思うので。

とはいえ物語独特の世界観の映像化には成功していたように思う。おばあちゃんの家や裏の森なんかは原作を読んだときのイメージとそれほど違わなかったから(とはいえキム兄はさすがに頂けなかったけど)。なんだかんだいっても最後の赦し(と勝手に解釈しているんだけど)のエピソードにはやっぱりホロリとさせられたしね(個人的には「溜め」がなくてちょっと残念でしたが)。

原作もそれほど長い作品ではないので、映画が気に入った方は是非どうぞ。

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL