2006/02/04

『S.A.S. 英国特殊部隊2 #3 バトルミッション』 ★★☆☆☆

3作目にしてやっと本職らしいエピソードのお目見え。


本日のドラマは『S.A.S. 英国特殊部隊2 #3 バトルミッション』。イギリス陸軍の特殊部隊SASの活躍を描いたドラマ。第2シーズンの3作目の作品です。今回は郊外の建物に立てこもるカルト集団の一掃、そしてボスニアで人質になったボスの救出という2つのエピソードから更生されています。主演はロス・ケンプ、ジェイミー・ドレイヴン、トニー・カランほか。

第3作目にしてやっと本来のSASらしい極秘任務を遂行する隊員達の姿が描かれている作品の登場です(笑)。とはいうものの前作に輪をかけて部内対立は激化、恋愛問題は混迷を極め、家庭問題は刑事事件へ発展という見事な混沌っぷり。こんなに問題だらけで特殊任務についてていいのか?と思うようなあまりにもおそまつな状況に思わず苦笑してしまいました。

前作で妖しいムードになってしまった隊長とピートの奥さんは、予想通り一線を越えてしまいます(しかも任務遂行中!)。その事実を知ったヘンノの行動が今シーズン一番のみどころといえるでしょう。しかし、そんなヘンノも前作からちょっかいを出し続けていたMI5のお姉さんと妖しげな仲になりそうだったりするので「人のこと言えないじゃないか」って思ったりもします。ま、部下の奥さんとっていうのはかなり反則(しかも部下はPTSDに苦しんでるのに)なので、それに比べれは可愛いものですが。

でもって、肝心の戦闘シーン。前半のカルト集団が立てこもっている建物への襲撃シーンはなかなか迫力もあって見応えアリです。狭い部屋の中を器用に動き回る隊員達の機敏な動きはとてもよいです。一方ボスニアでのボス救出劇の方はというと、銃撃戦自体は緊迫感もあってそれほど悪くは無いのですが、いかんせん、敵が弱すぎます(笑)。一応武装グループだし、数でも向こうが圧倒的に上回っているわけなので、も少し苦戦してくれるとよりリアルな感じがでて良かったんじゃないかなぁと思うわけです。ま、TVドラマとしては十分面白いとは思いますけどね。

あ、そうそう、そういえば、今シーズンの第1話で銃弾に倒れたキャロライン、たしかあのときの証言では「実戦訓練を受けていないから戦闘には参加しない」って言ってたけど、ボスニアの銃撃戦ではしっかり機関銃(?)撃ってましたね。いいのか?いいのか?
*****作品データ*****
S.A.S. 英国特殊部隊2
ULTIMATE FORCE(2002年〜)
監督:トム・クレッグ、ディアムイド・ローレンス、ティム・レアンドロ、リチャード・ホルトハウム
出演:ロス・ケンプ、ジェイミー・ドレイヴン、トニー・カラン、トム・ジョージソン、ダニー・スパーニ
WOWOW公式サイト:http://www.wowow.co.jp/drama/sas/
  →この作品をAMAZONで確認

第二シーズンの他エピソードはコチラから
S.A.S. 英国特殊部隊2 #1 シージャック
S.A.S. 英国特殊部隊2 #2 テロリズム
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12861085
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。