2009/10/27

『ダメージ シーズン2』

ダメージ シーズン2」 ★★★★★
Damages (2007年/アメリカ)
出演:グレン・クローズ、ローズ・バーン
   テッド・ダンソン、テイト・ドノバン
   ジェリコ・イヴァネク、ノア・ビーン
   アナスタシア・グリフィス
公式サイト:http://www.so-net.ne.jp/movie/sonypictures/homevideo/damages/
NHK公式:http://www3.nhk.or.jp/kaigai/damages2/index.html

敏腕女性弁護士パティ・ヒューズと彼女の事務所で働く女性弁護士エレンが繰り広げる、大規模訴訟事件とそれに纏わる幾多の駆け引きを描いた作品。今シーズンの訴訟相手はアルティマ・ナショナル・リソース社。旧友パーセルに助けを求められたことがきっかけで、パティはアルティマ・ナショナルへの訴訟に踏み切るわけだけど、お決まりのように次々と不正事実が発覚、訴訟は泥沼化していきます。さらにパティとエレンの確執も泥沼化。FBIのスパイとしてヒューズ法律事務所へ復帰したエレンは、パティ逮捕のためFBIへ情報提供を続けることで自分を殺そうとしたパティを破滅させようと目論み、さらにパティを利用しながらデイビッド殺害の実行犯を探し続ける、といった盛り沢山の内容です。例によってネタバレ全開ですので、ネタバレ勘弁な方は本編をご覧になってからどうぞ。

シーズン1の感想はこちら→ 『ダメージ シーズン1』 ★★★★★

<−−ネタバレ注意!−−>

フラッシュバック方式をとっていた前回と異なり、今回は未来のチラ見せ方式で話は進んでいきます。鍵となるのはエレンの話し相手が誰で、相手を銃で撃ったのかというところ。相手は予想通りパティだったのですが、それ以外の部分は完全に予想外でした。と、詳しい話はまた後で。

前シーズンがあまりにも衝撃的だっただけに、さすがにちょっとやそっとの展開には驚かなくなってしまいましたが、それでもやっぱりピートおじさんのエピソードには参りました。そこまでしてパティを庇うのかと驚くと同時に、どんだけの悪事に関わってんだよ?と思わず突っ込まずにはいられません。で、そんなピートおじさんを殺したあんたは一体誰なのよ、と。

今回は出てくる人全てが腹黒くてしたたかで、むしろパティが良い人に見えてしまうところが面白いです。そんななかとても不憫だったのがトム。前シーズンで事務所の共同経営者という地位を得たにもかかわらず、相も変わらず毎回パティに良いように使われ、更に今シーズンではエレンにまで利用され、それが仇となって事務所を追いやられるという事態に。そんなあんまりな仕打ちにも関わらず、結果的には二人を助けるような行動に出るわけで、仮に事務所を守るためだとしても健気だよなぁと思ってしまうのですよ。ピートおじさん亡き後、パティは彼の代わりとしてトムを最大限に利用することにするであろうことはいやでもわかっているからなおさら不憫さが増しますね。

エレンの復讐劇については、復讐心より正義感が勝ったといったところでしょう。ラストの怒涛の展開にうっかり流されてしまいがちではあるものの、シーズン中盤で嘘をつき続けていくことが辛いといった弱音も吐いてましたし、やはり根が善良なだけに非情になりきれなかったのでしょう。

本国ではすでに第3シーズンの制作が決定しているようなのですが、本家公式サイトにもまだ何も情報が無い状態のようです。本国での放送予定も立っていないくらいなので、日本での放送は一体いつになることやら。続く第3シーズンの放送を首を長くして待ちつつも、今シーズンで気になっている部分を、忘れないようメモっときます。

 ・エレンを襲ったあのおっさんはいったい誰?パティともつながってるのか?
 ・エレンは結局ディビッドを殺した真犯人には辿り着いてないけど?あの刑事さん殺されちゃったし。
 ・ウェスはこれでサヨウナラ?フロビシャーにもお咎めなし?(人殺しといてそれっきりって、そりゃないぜ)

<シーズン2 エピソード一覧>
 # 1 破滅させたい女
 # 2 計画変更
 # 3 ふたりのウソ
 # 4 ウェストバージニア
 # 5 疑惑の合併
 # 6 やり残した仕事
 # 7 追い詰められて
 # 8 ジャッカルとウサギ
 # 9 宣戦布告
 #10 電話の相手
 #11 パワー・ゲーム
 #12 掘り返された悪夢
 #13 対決

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/131253966
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。