2009/11/09

『ベガスの恋に勝つルール』

ベガスの恋に勝つルール」 ★★★☆☆
WHAT HAPPENS IN VEGAS(2008年/アメリカ)
監督:トム・ヴォーン
出演:キャメロン・ディアス、アシュトン・カッチャー
   ロブ・コードリー、トリート・ウィリアムズ
   デニス・ミラー
公式サイト:http://movies.foxjapan.com/vegas/

キャメロン・ディアス、アシュトン・カッチャー競演のラブコメ作品。タイトルこそイマイチだけど(原題は「WHAT HAPPENS IN VEGAS」。どうしたらこんなタイトルになっちゃうのかしら)、予想以上に練られた作品だなぁという印象を受けました。失恋女性と失業男性が、気分転換にやってきたラスベガスで意気投合し、勢いで結婚。しかし翌日素面になった二人は結婚を解消しようとするのだが、ジャックポットで300万ドルという大金を当ててしまい…といった内容。お互いすぐにでも離婚したいのに、300万ドルという大金をせしめるため結婚生活を続ける努力をせざるを得ないというジレンマが、個人的には面白かったです。

早いところ離婚にこぎつけようと両者共に相手の足を引っ張る作戦を取るわけだけど、その作戦と交わし方にそれぞれユーモアがあって過激になり過ぎていないところに好感が持てる。ことこういったラブコメ作品では、相手の過剰攻撃に予想以上の反撃を繰り出したり、逆に予想はるかに超えるダメージに凹んだりと、許容範囲を超えた泥仕合になることが多く、見てて痛い作品が多いので。そういう意味では上品にも下品になりすぎない、非常にバランス感覚の良い作品だったと思います。

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL