2006/02/15

『エクソシスト ビギニング』 ★★★☆☆

雰囲気は悪くないんだけど、思ったほど怖くないなぁ。


本日の映画は『エクソシスト ビギニング』。1973年に公開され世界中で話題となった伝説的オカルト映画『エクソシスト』シリーズの4作目にあたる作品。シリーズ第一作目を初めて見たときはまだ子供だったってこともあって、想像を超えた映像とストーリーを目の当たりにしあまりの恐ろしさに画面を直視することができませんでしたね。今でも緑の吐瀉物や長い階段なんかはトラウマですよ(笑)。年をとった今となってはさすがに直視できないってことは無くなりましたが、それでもあまり進んで見たいって感じの映画ではないのも確か。今回は第一作目の25年前に起こったエクソシストの原点的事件を描いた作品ってことなのであえて鑑賞してみました。

舞台は第二次世界大戦末期、自分の無力さゆえ罪の無い人々の命を救えなかったことを悔やみ信仰を捨てたメリンのもとに古美術収集家を名乗る男が現れ、ケニアで行われている教会の発掘作業を手伝って欲しいとの依頼が舞い込む。現地についたメリンは信仰に熱心な若き神父フランシスと共に教会の謎の解明に尽力する一方医師のサラ・ノバクと共に彼女が面倒を見る現地の少年ジョセフの容態を案じていた。しかし教会の真の目的が明らかになるにつれ村では奇怪な事件が起こり始め、やがてメリンは数々の事件が悪魔“パズズ”の力によるものであることを確信する。監督はレニー・ハーリン。出演はステラン・スカルスガルド、ジェームズ・ダーシーほか。

シリーズ第一作目とは違いトラウマになるようなことは無くて安心しました。ホッ。もっと怖いかなぁって思ってたんですが、意外に怖くなかったですね。自分としてはあの黄ばんだ目と傷だらけの真っ白い顔に拒絶反応が出るかな?って思っていたのですが、どちらかというと蝿や蛾(蝶?)、そして蛆虫といった虫系のグロテスク映像の方が生理的に嫌でした。とはいっても最近のスプラッター作品を見慣れてる私にとっては余裕で直視できる範囲でしたけどね。あまり免疫の無い方だとそれだけでオエーッってなっちゃうかも知れませんので注意が必要かも。

みどころはなんといっても憑依現象です。今回憑依されていると思われる人物は現地の少年ジョセフ。この少年の白目剥きながらガタガタと身体を硬直させるところなんかはこれぞ『エクソシスト』って感じでとても盛り上がるのですが、ポルターガイストが起こるときには大抵意識が無いので、勝手に動く少年とそれを見守る大人たちって構図になっちゃってるところはちょっと残念でした。私としてはもっと絶叫しながら恐れおののいて欲しかったなぁって思うんですけどね。ま、ストーリーからしてそれは無理っていうのは良くわかりますが。そういった意味ではやはり第一作目を超えることはできなかったかなっていうのが正直なところです。

ところでスプラッター系やモンスター系、ゾンビや殺人鬼系の作品だったらそれ自身が男の人でも問題ないけど、やっぱりこういったオカルト系作品で憑依される人物は女性・若しくは子供がいいですね。個人的にはもうそれだけで盛り上がり方が一割増しって感じです。子供憑依系ではこの『エクソシスト』シリーズのほか『オーメン』なんかもツボですね。こんなこと書いてたらまた観たくなってきちゃったよ(笑)。
*****作品データ*****
エクソシスト ビギニング
EXORCIST:THE BEGINNING(2004年/アメリカ)
監督:レニー・ハーリン
出演:ステラン・スカルスガルド、ジェームズ・ダーシー、イザベラ・スコルプコ、レミー・スウィーニー
公式サイト:http://www.nikkatsu.com/video/exorcist/index.html
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(2) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


イザベラ・スコルプコ -エクソシスト ビギニング-
Excerpt: 第1作目よりも過去を描いた この「エクソシスト ビギニング」 そう、あのメリン神父と悪魔パズスの 関わりの経緯が物語。 ナチスとの接点は、よくは解らなかったけど メリン神父が「神も仏も..
Weblog: ぐぅちゅえんの見たり読んだり
Tracked: 2006-03-27 19:48

異教の神=悪魔?が恐い!/『エスクシスト ビギニング』wowow
Excerpt: ●エスクシスト ビギニング● 原題;EXORCIST THE BEGINNIG 監督: レニー・ハーリン 出演; ステラン・スカルスゲールド / ジェームズ・ダーシー / イザベラ・スコ..
Weblog: 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世
Tracked: 2006-05-28 09:53