2009/11/27

『TOKYO!』

TOKYO!」 ★★☆☆☆
TOKYO! (2008年/フランス、日本、韓国)
「インテリア・デザイン」
  監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー
  出演:藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩、大森南朋
「メルド」
  監督・脚本:レオス・カラックス
  出演:ドゥニ・ラヴァン、ジャン=フランソワ・バルメール
「シェイキング東京」
  監督・脚本:ポン・ジュノ
  出演:香川照之、蒼井優、竹中直人、荒川良々、山本浩司
公式サイト:http://tokyo-movie.jp/

ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノの3監督による東京を舞台としたオムニバスストーリー。レオス・カラックス監督目当てで鑑賞してみたんだけど、奇妙奇天烈なドニ・ラヴァンしか印象に残らず少々期待外れといった感じ。むしろポン・ジュノ監督の「シェイキング東京」に描かれている“東京中が引きこもり”という世界観が面白く私好みだった。

◇「インテリア・デザイン」
主人公らが転がり込む、狭くてモノがあふれかる雑然とした部屋の描写が印象的。こうやって客観的にみるとアメリカやヨーロッパの人じゃなくても、なんでこんな部屋に住んでんの?って聞きたくなるのも無理ないなぁと思う。オチについては、可もなく不可もなくといった感じ。

◇「メルド」
ドニ・ラヴァン、キモーい。街中であんなんと遭遇したら、全力ダッシュで逃げますよ、絶対(笑)。

◇「シェイキング東京」
香川照之、演技上手いなぁ。あの異常なほどに整然とした部屋もステキ。“東京中が引きこもり”って、絶対にあり得ないとは言い切れないところが面白い。東京って外の人からもそんな風に見えるんだなぁって思うとさらに面白い。後から配達のおねぇさんが蒼井優だったと知ってびっくりした。

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/133733716