2009/12/17

『ハンコック』

ハンコック」 ★★☆☆☆
HANCOCK (2008年/アメリカ)
監督:ピーター・バーグ
出演:ウィル・スミス、シャーリズ・セロン
   ジェーソン・ベイトマン、ジェイ・ヘッド
   トーマス・レノン、ジョニー・ガレッキー
   エディ・マーサン
公式サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/hancock/

“史上初の嫌われ者スーパーヒーロー”ハンコックの更生物語。一応正義の味方ではあるものの、その素行の悪さとガサツさから人々に嫌われているという珍しいタイプのヒーローが主人公の作品。アル中なのか、昼から酒は飲むわ、勢いあまって街を破壊するわで、住人にしてみたら迷惑極まりないんだけど、完璧すぎるヒーローよりもなぜか親近感を感じてしまった(笑)。

通常のヒーローものみたいに善vs悪がテーマではないのが面白いと思った。どういう経緯でこんな風になっちゃったのかしら?と思ってたら、それが作品のテーマだったようで。中盤以降明らかにされる仲間の存在も面白かったけど、ラストの盛り上がりがイマヒトツだったのが残念かな。まぁ、一緒にいれないんだとしたらこの形がベターでしょうけどね(もっと早く気づけよ、とも思うけど)。

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/135637812
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。