2010/01/22

『キャラメル』

キャラメル」 ★★★★☆
CARAMEL (2007年/レバノン/フランス)
監督:ナディーン・ラバキー
出演:ナディーン・ラバキー、ヤスミン・アル=マスリー
   ジョアンナ・ムカルゼル、ジゼル・アウワード
   シハーム・ハッダード
公式サイト:http://www.cetera.co.jp/caramel/

女性賛歌。

レバノンの主都ベイルートにあるエステサロンを舞台に、そこに暮らす女性たちの姿を描いた作品。レバノンというとなんだか物騒な国(というか地域?)という貧弱なイメージしかなかったけど、そこに暮らす女性たちは意外にも華やかで文化的で世俗的で、良くも悪くも普通なのが印象的(エステサロンが舞台だからかもしれないけれど)。恋愛や結婚、老い、そして家族。どこにいても女性が抱える問題は同じなんだなぁ、そして女性はやはり逞しい、と改めて感じさせてくれるそんな作品でした。

宗教を重んじているせいか、日本にいる限りではあまり問題となりそうもない事柄が大きなハンデとなってしまうところもこの作品の見どころの一つかと。不倫相手を想うあまり、他人の目も気にせず汚らしいホテルの一室を一日がかりで磨きあげ、飾り付けるところなど、良くも悪くも全てがオープンになってしまった日本ではあまりお目にかかれない健気なエピソードだったと思います。

さらに印象に残ったのは洋装店を経営するローズの存在。年老いた姉の世話に明け暮れ、自分を顧みない彼女に訪れた出会い。一時は運命に身を委ねようと決心したものの、その淡い希望を自ら手放すことを決意せざるを得なかった彼女の心中はどのようなものだったのか。泣きながら化粧を落とす後姿に、思わずもらい泣きしてしまいました。

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/138574834
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。