2010/02/11

『そして、ひと粒のひかり』

そして、ひと粒のひかり」 ★★★☆☆

MARIA FULL OF GRACE (2004年/アメリカ・コロンビア)
監督:ジョシュア・マーストン
出演:カタリーナ・サンディノ・モレノ、イェニー・パオラ・ベガ
   ギリエド・ロペス、ホン・アレックス・トロ、パトリシア・ラエ

経済的自由を求め、自ら体内に麻薬を隠しアメリカへと密輸するという、いわゆる“運び屋”になった少女の話。鑑賞前からある程度予想はできていたけれど、あどけない少女達がモノのようにぞんざいに扱われる惨状と、それを知りつつ運び屋という道を選らばざるを得ない彼女たちの逼迫した環境に、なんとも言えないやりきれなさを感じました。麻薬という享楽に耽る人間たちの影で、このような悪夢が繰り返されているというのもまたひとつの事実なのだと改めて考えさせられます。こういった子供たちの存在が麻薬社会を支えているのかと思うとなんとか食い止める手立てはないのかと思うと同時に、自分の無力さを痛感させられる、そんな作品でした。

とはいえ、彼女のように手にした報酬によって希望を手に入れ、現状を打破することができるのであれば、選択肢の一つとしてはアリだとも思います。自分でも矛盾した意見だとは思うのですが、“運び屋”以外の他の選択肢が提示できないのであれば、たとえ犯罪の温床になるとはいえ無下に否定するべきではないと思うのです。私たちにとっては“犯罪”でも、彼女たちにとっては唯一の“可能性”なのだから。

印象的だったのは主人公もその友達も、出てくる女性達がみな、生きることに貪欲で野心的なところ。同時に浅はかでもあり、見ていて非常に危なっかしくもあるのだけれども。実際少女の運びやは多いらしくああいった事故も頻発しているらしいです。運ぶ事に文字通り「命」をかける少女達。それだけに、飛行機の化粧室でのエピソードは強烈でした。せめて無事アメリカへ辿り着き、全てから解放された暁には、それまでとはまったく違う新しい人生を歩んでほしいなぁと切に願います。

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 10:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
※このご連絡は、NTTコミュニケーションズが運営する
“My”アフィリエイトの広告プログラムをご紹介する目的で行っております※
突然のご連絡失礼いたします。“My”アフィリエイト スカウト事務局の松嶋と申します。
現在、大手企業様のプロモーションにご協力いただきたい優良なサイト様に個別にお声掛けさせていただく活動をしております。
サイトを拝見させていただき、映画が好きな方が特に楽しめるサイトではないかと感じ、
ご連絡をさせていただきました。
ご協力いただきますと特典もございます。詳細をご確認後にご判断いただいて構いませんので、
ご興味がございましたらご連絡をお願いいたします。

▼詳細メール申込フォーム  http://www.repo.jp/scouting/
※必須入力項目:エントリーコード『130』 、サイトURL『http://example.com/sr130/

ご返信にて詳細をご案内させていただきます。
この度のご連絡で不快な思いをされた方には誠に申し訳ございません。
ご検討のほどよろしくお願いいたします。
Posted by “My”アフィリエイトスカウト事務局 at 2010年02月11日 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/140770170
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。