2010/02/19

『罪とか罰とか』

罪とか罰とか」 ★★★★☆
罪とか罰とか (2008年/日本)
監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:成海璃子、永山絢斗、段田安則、犬山イヌコ
   山崎一、奥菜恵、大倉孝二、安藤サクラ
公式サイト:http://www.tsumi-batsu.com/

売れないグラビアアイドルが、ひょんなことから一日警察署長になってしまうというコメディ作品。amazonなどでは評価が二つに分かれてますが、個人的には★4つとかなり楽しめました。シュール(&下世話)なネタが多いので、その手の雰囲気が苦手な方にはちょっと辛いかもしれませんね。私は大好物ですけど(笑)。

複数のエピソードが時系列もバラバラにランダムに進んで行くのですが、物語が進んでいくにつれて、ひとつまたひとつと徐々に繋がり、一つのストーリーを形作っていきます。コメディ作品なのでそんなに仰々しいものではないですが、それぞれのエピソードがうまい具合に繋がっていくところは小気味よいです。

鈍臭い成海璃子がこの作品の見どころなのだとは思うのですが、個人的には小道具や細かい演出にツボを突かれることが多かったです。たとえば冒頭のコンビニで渡される意味不明な商品だったりとか、上下さかさまのページだったりとか、成海璃子の不抜けた表情だったりとかとか。そもそも成海璃子という女優(アイドル?)がどのくらい人気があるのかよく分かりませんが、この作品での彼女からは非凡オーラは全く感じられませんでした。そういう意味では「売れないグラビアアイドル」というキャラを好演していたと思います(あんまり褒め言葉になってないですけど)。

監督はケラリーノ・サンドロヴィッチ。彼については全く知識がなかったので、「外国の人が撮った作品にしてはなんとも絶妙な作品だなぁ」なんてすっとぼけたことを考えていたのですが、wikiを見て初めて生粋の日本人だということを知りました。しかも非常に多才な方なのですね。今更ながら無知って怖いなぁと思った次第です。ちなみにケラリーノ・サンドロヴィッチ氏のブログ「ケラリーノ・サンドロヴィッチblog 「日々是嫌日」」はコチラ

成海璃子以外にも奥菜恵や佐藤江梨子、田中要次、麻生久美子などキャスティングの豪華さも楽しかったです。個人的には耳川モモ役の安藤サクラが印象的でした。ちなみに安藤サクラは奥田瑛二と安藤和津の娘さんだそうですよ。この間見た「俺たちに明日はないッス」にも出ているし、最近気になってしょうがない「愛のむきだし」にも出演しているご様子。今後が楽しみです。要チェック!

youtube予告編→http://www.youtube.com/watch?v=vBTzbKG_LTg

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/141541575