2006/03/07

『純愛中毒』

び、微妙・・・。


本日の映画は『純愛中毒』。ちまたではまだまだ韓国映画ブーム覚めやらぬといった状況のようですが、個人的にはあまり韓国映画とは相性がよろしくないようなので自分から好んで鑑賞するってことは皆無に近いです。この作品は先日HDDに溜まった映画の整理をしていたところたまたま発見したのでなんとなーく鑑賞してみました。この人がイ・ビョンホンかー。なるほど。

登場人物は家具職人として働く兄ホジンとカーレーサーとして活躍する弟テジン、そしてホジンの妻でイベント・プランナーとして働くウンス。3人は田園地帯の一軒家で平和に暮らしていたが、ある日弟テジンはレース中に接触事故を起こし、兄ホジンはテジンのレースに駆けつけようと急ぐ道中で事故にあってしまう。共に昏睡状態に陥った兄弟だったが、奇跡的にテジンは意識を取り戻す。しかし目覚めたテジンは以前のテジンとは別人のように変わっていて自らをホジンだと主張し始める、というストーリー。

幸せそうなホジンとウンスのやり取りが続くところから、結構ありがちな恋愛映画なのかなぁってタカをくくって観てたんですがアラビックリ!二人が事故にあったところから雲行きが怪しくなり、オカルトのようなサスペンスのようなSFのようななんだかヘンテコな状況へと発展していきます。種明かししてしまえば「そういうことか」ってな感じではあるのですが、そこにたどり着くまでの道のりはそれはそれは奇妙な内容です。しかもラストがまたすごい・・・。

私自身韓国俳優オンチなので、主演のイ・ビョンホンがどのくらいの立ち位置に属しているのか良くわかりませんが、全編通してビョンホンなこの作品、世のビョンホンファンにはきっとたまらない一作なんでしょうね。個人的に彼にそれほど魅力を感じないせいか、ストーカーちっくな彼の行動は正直少々薄気味悪かったです。純愛とはまたチョット違うのではないかと。

あと、二人の男性に愛されるウンス役を演じたイ・ミヨン。彼女がどうしてもフィギアスケートの浅田真央ちゃんに見えてしまうんですが、フィギアスケートの見すぎでしょうかねぇ。そっくりだと思うんですが、いかがでしょう?
*****作品データ*****
純愛中毒 - ADDICTED(2002年/韓国)
監督:パク・ヨンフン
出演:イ・ビョンホン、イ・ミヨン、イ・オル、パク・ソニョン
公式サイト:http://www.seochon.net/junai/
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 13:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
私もイ・ミヨンさんが浅田真央に見えてしょうがなかった(笑)
同じ意見の人がいてうれしいです。
Posted by ketty at 2006年07月24日 12:57
kettyさん こんにちは。
やっぱり似てますよね>イ・ミヨンと浅田真央
作品序盤からすっごく気になってただけに同意見の方に出会えて私も嬉しいです♪
Posted by クマ at 2006年07月24日 15:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL