2006/03/08

ミリオンダラー・ベイビー

モ・クシュラ、モ・クシュラ。


本日の映画は『ミリオンダラー・ベイビー』。やっと、というかとうとう鑑賞してしまった。思い起こせばちょうど一年前、アカデミー賞4冠に輝いたのを知ったときから、観よう観ようと思っていた作品。なかなか劇場に行く時間がとれなくてロングラン上映だったにもかかわらず観れないままに公開終了。あの時はホントに悔しかった!そして最終的には他の多くの作品同様WOWOWで鑑賞することに。あぁ、もっと自由になる時間が欲しい。一日が30時間くらいあったらこんな思いしなくてもいいのに・・・(増えた6時間はもちろん映画鑑賞)。

田舎暮らしのマギーは唯一の取り柄であるボクシングの才能を伸ばそうと名トレーナーのフランキーのもとを訪ねる。フランキーは30歳を過ぎていることそして女性であることを理由に断り続けるが、彼女の熱心さに負けトレーナーとなる。厳しいトレーニングを重ねるうち、二人の間には深い絆が生まれ始める。メキメキと上達していくマギー。着々と勝利を重ね遂に100万ドルを賭けた世界タイトル戦に出場するところまで上り詰めた二人を待ち構えていたのは哀しい結末だった。主演は主演女優賞を受賞したヒラリー・スワンク、助演男優賞を受賞したモーガン・フリーマン、そして監督賞を受賞したクリント・イーストウッド。

前評判を聞いた限りではその残酷すぎる内容に号泣間違いなし!と勝手に思い込んでいたのですが、実際に鑑賞した結果としてはせつなすぎて涙も出なかった、というのが正直なところ。マギーの身に起こったことは確かに理不尽ではあるのですが、それだけじゃないんですよね。二人の間には確実に「愛」というものが存在していて、強い絆があるからこそ、あの結末が意味を持つのだろうと思います。作品としては確かに絶望的なラストではあるんだけど、闇雲に絶望的というものではなく何かしら希望のようなものを感じたのも事実。強さとか優しさとか潔さとか生きる力とか。うーん、上手く表現できないなぁ・・・。

結末については個々人の持つ倫理観や宗教観によって評価が分かれるんだろうなって思います。実際あちこちのレビューでも賛否両論入り混じっているようですし。映画に何を求めているのかによりますが、私個人の意見としてはこういった“社会派作品”と呼ばれる重厚な作品は大歓迎ですね。せっかく映画を観るんだから受動的に笑わせてもらったり泣かせてもらったりするばかりでなくて、たまにはあえてこういった観終わった後に“自分の頭で”何か考えさせられるようなそんな重いテーマを含んだ作品を観るっていうのも人生には必要ではないか、そう考えるわけです。そういった意味ではこの作品は、私にとってとても素晴らしい作品でした。
*****作品データ*****
ミリオンダラー・ベイビー - MILLION DOLLAR BABY(2004年/アメリカ)
監督:クリント・イーストウッド
出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 15:29 | Comment(9) | TrackBack(8) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
こんちは。
この映画観た後は打ちのめされて暫く感想も書けなかったです。
自分にとっては泣ける映画というものとは違う意味合いの作品でした。人生を見つめ直したくなる重さを持った映画とでも言うべきか。
Posted by lin at 2006年03月08日 17:42
linさん こんにちは。やっと観ましたよ、この作品。
公開当時linさんが言ってた意味が良くわかりました。
私にとってもこの作品は泣ける映画ではなかったですね。

>人生を見つめ直したくなる重さを持った映画
確かにおっしゃるとおりだと思います。

これほど感銘を受けた作品も最近では珍しいのですが、この感覚を上手く表現できない自分の表現力のなさが非常にもどかしく感じてしまいます。もっと勉強しなくては!
Posted by クマ at 2006年03月09日 13:43
こんちは、クマさん
TBありがとうございます。

>この感覚を上手く表現できない
同感でございます。なんかねぇ、思う所はいろいろとあっても、
なかなか言葉や文章に出来ないんだよねぇ。
どうせ陳腐なものになっちゃうから、観てない人には「とりあえず、観ろ」と(笑)
Posted by マーヴェリック at 2006年03月10日 15:39
マーヴェリックさん、こんにちは。
ほんと、この映画を語るのは非常に難しいですよね。自分の文才のなさを呪いますよ(笑)。
>観てない人には「とりあえず、観ろ」と(笑)
あぁ!解ります、その気持ち!
私も周りの人に感想を聞かれた時は「まずは観てください」って言っちゃってますね。
Posted by クマ at 2006年03月11日 15:58
こんばんは。
私も「せつなすぎて涙も出なかった」です。
ずーんと打ちのめされた感じです。
Posted by ひめ at 2007年01月06日 18:33
こんにちは。
半年以上も前に「50回目のファーストキス」のレビューでコメントいただいてたのに
そのままになってて大変失礼いたしました。

基本的に映画は娯楽やと思ってて
でもその反面で映画に出てくるカッコイイセリフはものすごく意識してて、
この映画もなんでもないスクラップの語りに
イチイチ反応しておりました。

いや〜でもボクサーの成功物語、
トレーナーとの愛情物語、
・・・が、尊厳死の問題まで話がいっちゃうとは思ってなくて
しばしボーゼンでした。
感動というよりは
そこまでしなくたってというか、
その是非を問われても答えに困ってしまうというか・・・。
Posted by Ageha at 2007年01月08日 15:15
>ひめさん こんにちは。
私も大泣きするかと思っていただけに、かなり驚きました。
見た後なんともいえない気持ちになるっていうのは解ってたんですが
ついつい先日の地上波の放送も見ちゃいました。
で、やっぱり軽く鬱状態に…(笑)。
でもまたみちゃうんだろうなぁ〜>私

>Agehaさん こんにちは。
確かに娯楽作品とは程遠い内容かも。
しかもイーストウッド映画ってこの手の方向にどんどん突き進んでますし。
でも、好きだからやっぱり見ちゃうけど(笑)。

>この映画もなんでもないスクラップの語りにイチイチ反応しておりました。
あー、解ります、その気持ち。
ちなみに私は一番最初に見終わった後にイエーツのこと調べまくりましたよ(笑)。
Posted by クマ at 2007年01月09日 17:09
こんにちはTBさせて下さい。「ミスティック・リバー」もこちらも後味がイマイチいいものではなかったのですが、答えを白黒つけたがるハリウッド映画では珍しくいろいろ考えさせられる作品でした。これまでイエーツなんて読んだ事もなったのですが、すごくイイですねー。
Posted by ぶーすか at 2007年01月22日 22:23
ぶーすか さん 
後味悪いですが、こういうタイプの作品、結構好きなんですよね>私
観た後色々考えて、結局鬱っぽくなっちゃうんで元気な時にしか見れないのが悲しいですけど(弱っている時に見ると、日常生活に支障をきたす恐れありw)
この映画見るたび、イエーツを読みたくなります。
Posted by クマ at 2007年02月13日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14440378

ミリオンダラー・ベイビー
Excerpt: 静かに熱く胸を打つ,味わい深く濃厚な人生ドラマ!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-03-08 17:02

「ミリオンダラー・ベイビー」 名も無き者たちの生きた証
Excerpt:  ミリオンダラー・ベイビー 「ミリオンダラー・ベイビー」  ★★★★☆ Million Dollar Baby (2004年アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド キャスト:ヒラリ..
Weblog: NUMB
Tracked: 2006-03-08 17:36

映画館「ミリオンダラー・ベイビー」
Excerpt: アカデミー賞で、主演女優、助演男優、監督、作品賞の4部門を取得したこの作品。アカデミー賞を取ったからといっても私の好きな映画じゃない場合もあるのであまり期待しすぎないようにして観ました。 モーガ..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-03-09 00:24

「ミリオンダラー・ベイビー」
Excerpt: (2004年・米)出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキーの元に31歳になる女性マギーが弟子入りしたいと尋ねてくる。頑固なフランキーは“女..
Weblog: WOWOWで映画三昧
Tracked: 2006-03-10 15:29

ミリオンダラー・ベイビー(04・米)
Excerpt: 「えっまだ見てなかったの?!」と言わないで・・・(汗)昨年のアカデミー賞作品賞受賞作。この作品に限らず、しばーらく映画を見ない時期というのがありまして。映画と言うのは、やはり見ようという意欲やエネルギ..
Weblog: no movie no life
Tracked: 2006-04-29 21:04

ミリオンダラー・ベイビー
Excerpt: ミリオンダラー・ベイビー 監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、アンソニー・マッキー、ジェイ・バルチェル、マイク・コルター.....
Weblog: ひめの映画おぼえがき
Tracked: 2007-01-06 18:35

たった一つの願い。~「ミリオンダラー・ベイビー」~
Excerpt: 私がお邪魔してる映画ブログの方が 口をそろえていい映画やと言うてた意味がようわかりました。 テレビ放映での鑑賞なのでいくらかカットされてるでしょうが。 最後は涙、涙。 ミリオンダラー・ベイビーF・..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2007-01-08 15:11

「ミリオンダラー・ベイビー」「ミスティック・リバー」
Excerpt: ●ミリオンダラー・ベイビー ★★★★ 【地上波】クリント・イーストウッド監督、主演。ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン共演。第77回アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞の主要4..
Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版
Tracked: 2007-01-22 22:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。