2010/04/19

『グレイズ・アナトミー シーズン5』

グレイズ・アナトミー シーズン5」 ★★★★★
GREY'S ANATOMY (2008〜2009年/アメリカ)
出演:エレン・ポンピオ、サンドラ・オー、T・R・ナイト
   キャサリン・ハイグル、ジャスティン・チェンバース
WOWOW公式サイト:http://www.wowow.co.jp/drama/grey/
公式サイト:http://www.movies.co.jp/greysanatomy/

医療現場を舞台にした海外ドラマシリーズ「グレイズ・アナトミー」の第5シーズン。すったもんだの挙句、結局元鞘に収まるかのような終わり方をした前シーズンから半年、ようやく続きが見れました。シーズンも5年目に突入し、病院内での色恋沙汰もそろそろ出つくしか?と思われましたが、そんな心配は御無用。新境地を開拓しつつ、まだまだ色恋沙汰は続くのでした(笑)。ということで、今回も例によってネタバレ全開ですので未見の方はご注意下さいませ。ちなみにDVDは2010年5月21日発売予定です。

以前のシーズンの感想はこちらから
 ・『グレイズ・アナトミー シーズン1』 ★★★☆☆
 ・『グレイズ・アナトミー シーズン4』 ★★★★★
 ・『グレイズ・アナトミー シーズン6』 ★★★★★

※  この先ネタバレにつき、ご注意ください!  ※

今回の見どころは大きく3つ。まずはデレクのエピソード。この作品のスピンオフ企画である『プライベート・プラクティス』とのクロスオーバーエピソードである第14話から始まるデレクの自信喪失エピソードは、この作品としても大きな転機だったと思う。誰もが無理という手術を執刀し、アディソンの兄を救うという奇跡を起こした直後、手慣れた手術でミスを犯し、必死にリカバリーするも患者を失ってしまう。まさに天国から地獄。有頂天だったデレクは、メレディスへのプロポーズも計画していただけに、その凹みっぷりは激しく、悲壮感すら漂っていました。が、何故か回を重ねるにつけて彼の自己中さが目立ち始め、最後にはなぜか苛立を感じるという不思議なエピソードでもありました。完全に立ち直った後のデレクからは傲慢さがいい具合に抜けて好感度は上がりましたけどね(特にイジーに対する態度は、とても良かったと思う)。

2つ目の見所はイジー。シーズン前半で悩まされていたデニーの幻覚が、実はイジーの病気への伏線だったという衝撃の展開。これにはさすがに驚かされました。もともと他に比べ思い入れの低いキャラクターではあったものの、やはり死んでしまうかもしれないとうのはキツイです。しかも最終話では除細動されてるしー。無事生還出来るのかどうか、それともこのまま降板なのか、来シーズンが非常に気になります。

そして3つの目の見所は、私の大好きなクリスティーナといいたいところですが、今シーズンは是非カリー・トーレスにご注目。整形外科医としてシーズン3からレギュラー入りした彼女。昨シーズンではジョージとの結婚と離婚、スローンとの友情(?)、そしてエリカとの恋愛と結構ハッチャケちゃった感がありましたが、今シーズンも負けないくらいかなり快調に飛ばしてくれてます。とくに後半、同性愛を理由に父親から勘当されたカリーがお相手のアリゾナに心境を吐露するシーンには思わずホロリとさせられました。苦難続きだったトーレスには是非幸せになって欲しいものです。

さらに軍隊に入隊を宣言した直後に重篤な状態で運び込まれたジョージのその後も気になるところ。さらにさらに問題続きのベイリーやクリスティーナとハント、レクシーとスローンなどなど気になる点は山盛りです。本国ではすでにシーズン6が放送されているので、早ければ今年の年末頃にはお目見えするかもです。楽しみ〜。

abc公式サイト→http://abc.go.com/shows/greys-anatomy/index、予告なんかも見れちゃいますョ♪

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/147062842
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。