2010/06/21

『プライベート・プラクティス シーズン2』

プライベート・プラクティス」 ★★★★☆
Private Practice (2008-2009年/アメリカ)
製作総指揮:ションダ・ライムズ
出演:ケイト・ウォルシュ、ティム・デイリー、オードラ・マクドナルド
   ポール・アデルスタイン、クリス・ローウェル、テイ・ディグス
   エイミー・ブレネマン、ケイディー・ストリックランド
WOWOW公式:http://www.wowow.co.jp/drama/private/
ウォルト ディズニー公式サイト:http://www.movies.co.jp/privatepractice/#/top

大人気医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」のスピンオフ企画「プライベート・プラクティス」の第2シーズン。新生児外科医のアディソン・モンゴメリーを主役に、共同医療センターで働くアラフォー世代の男女の姿を描いた作品です。正直言って昨シーズンはあまりオススメできるような内容ではなかったのですが(グレイズ・アナトミーファンなら見ても良いかも、なくらい)、今シーズンは手放しで「面白い!!」と言える内容に進化していました。アラフォー世代にはかなりオススメ出来る内容ですので、未見の方は是非!!そして例によってこの先はネタバレ全開ですので、ネタバレ勘弁!という方は本編ご覧になってからどうぞ。

他シーズンの感想はこちら
 『プライベート・プラクティス シーズン1』 ★★☆☆☆
 『プライベート・プラクティス シーズン3』 ★★★★★



※この先ネタバレ ご注意ください※


今シーズンはクリニックの経営危機から始まり、競合クリニックのオープン、アディソンの兄アーチャーの登場、バイオレットの妊娠と、話題の尽きないシーズンでした。作品の方向性が定まりきらなかった昨シーズンに比べ、個々のキャラクターも安定し、“アラフォー世代のための”という作品の独自色が際立ってきたように思います。扱うエピソードの内容一つ一つが濃くて、同じ世代の人間としては非常に考えさせられることが多いところもよかったです。

登場人物が皆アラフォーということもあり、仕事の面ではプロフェッショナルなのですが、私生活ではなぜか問題山積み。各キャラクター毎に見所があるのですが、中でも今シーズン一番のオススメはシャーロットとクーパーのカップル。シャーロットは今シーズン序盤、アディソンらの働くクリニックビルの下の階に競合となるクリニックをオープンさせます。そのことがきっかけで、ややアブノーマルな趣向で意気投合し、良好な関係を築いていたクーパーとの関係にヒビが。その後もバイオレットの妊娠騒ぎやシャーロットの浮気と、ついたり離れたりを繰り返すのですが、その時々に語られるシャーロットの理屈が妙に屈折していて面白いです。負けず嫌いもここまで来ると大変だわーと思わず苦笑してしまいました。そんな強さと弱さが同居するシャーロットが今シーズン私の中ではイチオシ。

エピソードの中ではやはりシーズン最終話が衝撃的。アディソンとノアの恋の行方はさておき、競合クリニックからのナオミの引き抜きとそれに伴なうシャーロットの解雇。そしてなんといってもバイオレットの一件。予告を見た時からあの患者がお腹の子を奪って自分のものにしようとするんじゃないかとは思っていたけど、まさかお腹を切り開くとは!しかも続きは来シーズンでという、なんとも後味の悪い終わり方(そりゃないぜ!ってことで、ネタバレOKな私は速攻でABCの公式サイト(コチラ)で結末を確認してしまいましたw)。バイオレットの安否が気になるのはもちろんですが、個人的にはシャーロットの解雇と重なり、運悪くこのときだけバイオレットよりもシャーロットを優先させてしまった、心優しいクーパーの身を案じてしまいます。

ちなみに今シーズンでは、スピンオフ元となる「グレイズ・アナトミー」とのクロスオーバーエピソードもあり、メレディスやデレクなども登場。アディソンの兄アーチャーの脳外科手術のエピソードなのですが、アディソン以外のキャラクター同士の交流なども描かれていて、なかなか面白かったです。最終話があまりにもショッキングで、いまとなっては印象薄ですけど。

最後に、来シーズンの気になる点のまとめ。まず第一にバイオレットとその子供の安否(生きている場合は子供の父親はどちらか)。ついでシャーロットとクーパーのその後とナオミの競合クリニック経営。そしてアディソンとノアの恋の行方といった感じ。噂によると、今後も『グレイズ・アナトミー』とのコラボ企画があるようなので、そちらも楽しみです。

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/154010031