2006/03/30

『アルマゲドン』 ★★★☆☆

なんてったってマイケル・ベイとジェリー・ブラッカイマーだもの。


本日の映画は『アルマゲドン』。一時期大流行したパニックムービーの一つ。同じ隕石衝突系パニックムービー『ディープ・インパクト』とよく比較されがちな作品ですが、向こうが正統派パニックムービーだとするとこちらはエンターテイメント派といったところでしょうか。登場人物のキャラも濃いしCGもアクションド派手だし、何より設定がチョット変。だって地球を守るのが石油採掘士だなんて、よく考えてみるとかなりおかしな話ですよね。

突然降り注いだ無数の隕石によってNYが壊滅状態に陥ったことがきっかけで、地球に巨大隕石が接近しつつあることを知った人類。地球に衝突すれば人類が滅亡することは避けられないという状況の中、NASAは隕石の爆破を決意する。実際に隕石に乗り込み核爆弾を爆発させるために地中を掘り進む必要に迫らた結果、合衆国政府は石油採掘の精鋭たち8人にこの重要な任務を依頼することとなる。

公開時に劇場で鑑賞してから何度と無く鑑賞している作品ですが、何度観てもそのエンターテイメント性には脱帽いたします。決して傑作といわれることはない作品(むしろ駄作というレッテルは貼られまくりですが)ではありますが、親子愛から始まり恋愛、仲間愛なども絡めつつユーモアと泣き所も決して忘れず、ついでに付け合せ程度に義理とか人情とかを交えつつ、お金のかかったCGを惜しげもなく見せまくる、というまさに何でもアリ!的なハリウッドらしい内容にはなんだか潔ささえも感じてしまいます。なにもこんなにてんこ盛りにしなくても…といった感じがしなくも無いですが(笑)。

最大のみどころは隕石での掘削シーン、そして終盤ようやく心を開いたハリーがA.J、そして娘グレースと心を通わせるシーンといったところでしょうか。特にハリーとグレースの会話はお決まりの内容ではあるのですが、やっぱりホロリとくるものがありますよね。しかし、その後のハリーの捨てゼリフがなんともアイタタタな感じで、せっかくの涙も引っ込んじゃうんですけどね(笑)。

ちなみに個人的にはこの作品最大のみどころはなんといってもスティーブ・ブシェミだと思います。核弾頭でロデオする姿はまさに神!
*****作品データ*****
アルマゲドン - ARMAGEDDON(1998年/アメリカ)
監督:マイケル・ベイ
製作:ジェリー・ブラッカイマー、ゲイル・アン・ハード、マイケル・ベイ
出演:ブルース・ウィリス、ベン・アフレック、リヴ・タイラー、ウィル・パットン、スティーブ・ブシェミ、
   ピーター・ストーメア、キース・デヴィッド、ウィリアム・フィクトナー、マイケル・クラーク・ダンカン
公式サイト:http://www.movies.co.jp/armageddon/
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(3) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15801984

「アルマゲドン」
Excerpt: 03月26日「アルマゲドン」WOWOW5.1ch Surround さすがはジェリー・ブラッカイマ−&マイケル・ベイ。「食ってるもんが違うな」としか言いようのない着想と展開です。このふたりなら毎..
Weblog: 酒井俊之のシネマラ攻略大図鑑
Tracked: 2006-03-30 18:47

原油の高騰と枯渇問題
Excerpt: 原油は枯渇するのでしょか。原油の無機生成説は否定されているのでしょうか。無機生成説が正しいように思うのですが。
Weblog: 東京生活案内熟年雑談情報
Tracked: 2006-04-02 17:11

アルマゲドン
Excerpt: 世紀末、全人類にこの映画を捧ぐ。   
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2009-09-14 00:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。