2006/04/14

『ファーゴ』

想定外。


本日の映画は『ファーゴ』。「赤ちゃん泥棒」や「ビッグ・リボウスキ」でお馴染みのコーエン兄弟による犯罪ドラマ。地味なカーディーラー・ジェリーが考えた偽装誘拐が思いもよらない事件へと発展していく様子を描いた作品。作品自体はとてもシリアスに描かれていて出演者達も真面目に演じてはいるのですが、なぜか出来上がった作品は全編通してふざけた感じが漂っています。どっからどう見ても真面目な作品なんですけどね、ホント不思議(笑)。

妻の実父が経営する中古車自動車展で働くジェリー。家族に隠していた借金を返済するため、裕福な義父から金をせしめようと妻の偽装誘拐を思いつき前科者の従業員に紹介された二人組みカールとグリムスラッドに誘拐依頼をする。カールとグリムスラッドはまんまとジェリーの家に忍び込み妻を誘拐。ジェリーの計画は成功するかと思えた矢先、二人の乗る車の行く手を一台のパトカーが遮ったことから事態は思わぬ方向へと展開し始める…。

この作品、冒頭に“事実を元に作られた映画です”みたいなテロップが流れるんですが、いくら調べてみてもそんな事件は見つからないらしく、どうやらこれはコーエン兄弟お得意のちょっとした悪戯の一つだったみたい。残念ながら前出の「赤ちゃん泥棒」や「ビッグ・リボウスキ」も未見でしてコーエン兄弟が手がけた作品で見たことがあるのは『ディボース・ショウ』くらい。あと、弟のイーサン・コーエンが脚本を書いた『ホネツギマン』も観たことあったっけ。

みどころはなんといってもピントのずれた登場人物たち。一見普通っぽいんだけどちょっとズレた言動がとても印象的です。中でもマージ役のフランシス・マクドーマンドとカール役のスティーブ・ブシェミはかなり面白かったですねぇ。大きいお腹を抱えて、動きずらそうに現場検証しているマージの姿。傍らにはグロテスクな死体が横たわっているにもかかわらず、なぜか可笑しいんですよ。爆笑ってワケじゃないんだけど、ニヤーって感じの笑いが終始止まらないんです。そしてとどめはスティーブ・ブシェミ。もうね、『アルマゲドン』の時もかなりそのイッちゃってるキャラが素敵でしたが、この作品で散々な目に会っている彼の姿もまた素敵です(笑)。つか「変な顔」って言いすぎだから!

ジャケ写を見てもらえば想像がつくと思いますが、真っ白な雪と真っ赤な血のコントラストがとても印象的な作品です。多少グロテスクな描写がありますので、そういうシーンが得意でない方はご注意下さいませ。
*****作品データ*****
ファーゴ - FARGO(1996年/アメリカ)
監督:ジョエル・コーエン
製作:イーサン・コーエン
出演:フランシス・マクドーマンド、スティーヴ・ブシェミ、ウィリアム・H・メイシー、ピーター・ストーメア
  →この作品をAMAZONで確認


posted by クマ at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(4) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ファーゴ #548
Excerpt: 1996年 アメリカ 98分 自作自演の誘拐をコワモテの二人組に頼んだら、無茶苦茶しちゃって人生ボロボロ!って話。セルラーの刑事役のW・H・メイシーが、冴えないダンナ役。調査に当たった刑事との追い込..
Weblog: 映画のせかい2
Tracked: 2006-05-30 06:55

ファーゴ(DVD)
Excerpt: 人間はおかしくて、哀しい CAST:フランシス・マクドーマンド/ウィリアム・H・メイシー/スティーブ・ブシェミ/ピーター・ストーメア 他 ■アメリカ産 98分 凶悪犯罪って意外と田舎町が多いのかしら..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2006-07-25 20:12

ファーゴ
Excerpt: コーエン兄弟の作品、好きな人多いですよね。 この作品は私が初めてみたコーエン作品です。 あらすじを読んで面白そうだったので。 ビデオで鑑賞。 ミネソタ州ファーゴの自動車ディーラーのジェリー..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-07-28 02:06

ファーゴ
Excerpt: ファーゴ カー・ディーラーのランディガードは借金返済のために自分の妻ジーンを誘拐し、会社のオーナーでもある義父から身代金をいただこうと考えた。 誘拐を実行するのは妙な二人組、カールとグリムスラ..
Weblog: 紅梅日記
Tracked: 2007-02-04 03:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。