2010/10/14

『ファッションが教えてくれること』

ファッションが教えてくれること」 ★★★★★
The September Issue (2009年/アメリカ)
監督:R・J・カトラー
出演:アナ・ウィンター、グレイス・コディントン
   ジャンポール・ゴルチエ、シエナ・ミラー
   タクーン・パニクガル
公式サイト:http://www.fashion-movie.jp/

「ヴォーグ」編集長アナ・ウィンターと彼女と共に雑誌を作り上げる編集者の姿を映し出したドキュメンタリー作品。原題である「The September Issue」の名の通り、「ヴォーグ」9月号の製作に勤しむ編集部員達の姿を目の当たりにすることで、彼女らの雑誌作り、ひいてはファッションに対する姿勢を垣間見ることができる、非常に面白いドキュメンタリー作品でした。

印象的なのはやっぱり編集長のアナ・ウィンター。映画「プラダを着た悪魔」でメリル・ストリープが演じた鬼編集長ミランダのモデルとしても有名な彼女ですが、実際の彼女は、彼女を表す時によく使われる「冷酷」という表現から受けるイメージとはちょっと違っているように感じました。「冷酷」というより「冷静」、むしろ「冷徹」といった方がしっくりくる感じ。非常に高いプロ意識と決断力。そして自分に対する絶対の自信。誰とも慣れ合わずまさに孤高の人といった感じで、彼女の非凡さが際立っていました。彼女が登場した瞬間、場の空気がピンと張りつめ、画面を通してもビリビリとした緊張感が伝わってくるのが面白かったです。

もう一つ印象的だったのはディレクターの一人であるグレイスと彼女の手がける写真の数々。枯れることのないアイディアの数々にも圧倒されるけど、絶対の自信を持って送り出す写真が外されるたびに見せる複雑な表情は、無表情なアナと違ってとても人間らしく共感出来るものでした。あと、あのカメラマンとの写真!最高にキュート!

ちなみにアナ・ウィンターのトレードマークとなっている大きな黒いサングラスですが、これ、実は彼女が何を見ているのかを隠すためにかけているのだとか。彼女の一挙手一投足がファッション業界与えるインパクトは一庶民の私には想像もつかないほど強大なようで、本人もそのことを重々承知しているため、ああいった大きなサングラスで視線を隠し、ショーを鑑賞している間は身動ぎもしないのだとか。何を見るのか、そして見ないのか。自分の行動の隅々まで注目されているという自負があるからこそ、ああいった隙の無い(取りつく島のない)態度になってしまうのね、と妙に納得してしまいました。そんな中、唯一人間らしさを垣間見ることができるのが娘とのエピソードとエンドロールでのインタビューシーン。特にインタービューでのアナの答には思わずニヤリとさせられること必至ですので、是非ご覧になってみてください。

こちらもあわせてどうぞ。
 プラダを着た悪魔 ★★★☆☆

ブログランキング参加中デス。映画選びの参考になりましたらClickお願いします♪→
posted by クマ at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/165691533