2006/05/09

信頼と疑念のはざま 『魂のジュリエッタ』

本日の映画は『魂のジュリエッタ』。『フェリーニの8 1/2』に続き、私にとって2作目のフェデリコ・フェリーニ作品。前回はモノクロ作品でしたが今回はカラー作品です。ちなみにこの作品、フェリーニ映画初のカラー作品とのこと。少々仰々しさを感じる音楽とともに始まった作品はなんとも不思議なものでした。『フェリーニの8 1/2』でも感じた、あの夢うつつな感覚が再び戻ってきたような感じ。どうやら私にとってフェリーニ作品というのは現実感を吹き飛ばしてしまう効果を持っているらしいです。取り立てて何かが凄く印象に残るってわけではないんですが、観終わった後一定期間ふわふわとした浮遊感が持続するんです。とても不思議。

この作品、なにが凄いって主演のジュリエッタ・マシーナが素晴らしい。巨匠と呼ばれる監督が作った作品というだけあって、ストーリーは一筋縄ではいかないものの、それでも彼女の表情からなんとなーく言わんとしているが読み取れてしまうのだ。これって私の思い込みではないはず。夫の不貞を疑う妻。信じたいけどその度に裏切られる、女の葛藤が見え隠れする彼女の表情が凄く自然でびっくりしました。

加えて驚いたのが、その色使い。ジュリエッタの服だったりインテリアの一部だったりと鮮やかな色が沢山出てきます。個人的には原色に近い色は主張が強すぎるのであまり好みではないのですが、この作品で使われている色には不思議とそれほど嫌悪感を感じませんでした。でもやっぱり想像力をかきたてられるモノクロ作品の方が味があって私は好きですね。

あと少し気になったのはところどころに挿入される効果音というか音楽。1964年という時代のせいもありますが、ちょっと仰々しい感じがするんですよね。しかも音が大きいの。終盤あたりではなんとか気にならなくなりましたが、中盤くらいまでは沈黙を破り突然挿入される音楽にに思わずビクッ!となっちゃってました(笑)。ご覧になる際はくれぐれもボリュームにお気をつけください。
*****作品データ*****
魂のジュリエッタ
 - GIULIETTA DEGLI SPIRITI/JULIET OF THE SPIRITS(1964年/イタリア・フランス)
監督:フェデリコ・フェリーニ
出演:ジュリエッタ・マシーナ、サンドラ・ミーロ
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 17:39 | Comment(4) | TrackBack(2) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
「映画のせかい2」さんから辿って来ました。
この映画、先日NHK−BSでやってましたね。去年レンタルで観ていたので今回はスルーしましたが、その時の記事をTBさせて下さい。

音は、そんなに大きかったですかね。あんまり覚えてないですが。
Posted by 十瑠 at 2006年05月09日 19:06
十瑠さん こんにちは。
私が観たのもNHK-BSの放送です。フェリーニ作品ってなかなか借りる機会がないんですよね(笑)。

音の件については、もしかしたら大きいっていうのとはチョット違ってるのかもしれないです。どちらかというと音楽っていうより効果音に近いし。映像に集中していたせいもあって、いきなり始まる音楽に何度もビックリさせられました(笑)。DVDだとそんなことないのかな?

フェリーニ作品ではちょうど手元に「サテリコン」があるので近いうちに鑑賞してみたいと思ってます。
Posted by クマ at 2006年05月10日 00:10
またまたおじゃまします。以前にNHK-BSで「魂のジュリエッタ」を観ましたのでTBをさせて下さい。
<個人的には原色に近い色は主張が強すぎるのであまり好みではない
モノクロの「8 1/2」とは対照的でハデでしたねー。ジュリエッタ・マシーナのファッションがお洒落で、彼女のファッションを観ているだけでも楽しいです。
イタリア語じたいが騒々しいからか、音楽が騒々しいというのには気がつかなかったです。でもサントラ持っているほど、この作品、音楽も好きだったりします。
Posted by ぶーすか at 2006年05月13日 10:33
ぶーすかさん
>イタリア語じたいが騒々しいからか、…
なるほど、イタリア語自体が騒々しいっていうのは確かにそのとおりかも!
う〜ん、音楽の件についてはもしかしたら、私の思い過ごし?ちょっと心配になってきちゃった(笑)
もう一度改めて見直した方が良いかもしれないなぁ。
Posted by クマ at 2006年05月13日 14:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


魂のジュリエッタ
Excerpt: (1964/フェデリコ・フェリーニ監督・共同脚本/ジュリエッタ・マシーナ、サンドラ・ミーロ、マリオ・ピスー、シルヴァ・コシナ、ヴァレンティナ・コルテーゼ/138分)  数十年前、映画評論家の故荻昌弘..
Weblog: ::: SCREEN :::
Tracked: 2006-05-09 18:55

「月形半平太」「ラインの仮橋」「魂のジュリエッタ」
Excerpt: ●魂のジュリエッタ…★★★★ フェリーニとジュリエッタ・マシーナの私生活を描いているような、それでいて幻想的でお洒落な作品。ニーノ・ロータの音楽は特に好き。 ●ラインの仮橋………★★★★ シャル..
Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版
Tracked: 2006-05-13 10:27