2006/05/25

『アナコンダ 2』

不老不死の薬を開発しようと原料となる7年に一度しか咲かない花を採取するため、ボルネオの密林奥地へと分け入った研究者たちが巨大化しアナコンダに次々と襲われるというモンスター・パニック作品。ジェニファー・ロペスとアイスキューブが競演した97年制作の『アナコンダ』の続編。といっても前作との共通点は巨大化したアナコンダが登場するというところだけ。出演陣も設定も一新されはしたものの、モンスター・パニック映画独特のなんともいえないB級臭の抜けない作品に仕上がっております。ちなみに忍び寄るアナコンダ、逃げ惑う人間達という構図を期待して鑑賞した私としてはかなり肩すかしを食らった気分。ここまでくると、むしろアナコンダ出てこなくてもいいんじゃない?といった気持ちにもなりますが、今回はそういったごもっともな突っ込みはナシってことで(笑)。

まず最初に目を引くのがキャスティングに並んだ名前の地味さ。名前を見てもどうも顔が思い浮かばないんですよね(笑)。まぁ、こういったパニックムービーでは地味めなキャスティングのほうが意外にしっくり来るってこともあるのであまり文句をいうつもりはないんですが、前作が豪華キャスティングだっただけにちょっと寂しい感じは否めないかなぁと。

道中、船が滝に呑まれて転覆してしまったり、沼を横切ろうとして体中ヒルだらけになったりと全体的にアドベンチャー色の強い作品でした。期待していたアナコンダも結局のところ全貌は拝めず仕舞い。そのせいかアナコンダの巨大さや獰猛さ、迫りくる恐怖なんかをリアルに感じることは出来ませんでした。個人的には、アナコンダのあの捕食描写がどうも納得いかないんだよなー。いくらなんでも頭から“バクーッ”っていうのは無いと思うのですが。機敏に襲い掛かるアナコンダよりむしろじわじわと締め殺すシーンがもっと観たかったって感じかな。

とはいえ、アナコンダ巨大化の原因と旅の目的がシンクロするあたりはなかなか上手いって思いました。あとはやっぱり『アナコンダ』っていうタイトルをつけてるくらいなのでも少し出番を多くしてくれるともうチョット面白い作品になったんじゃないかなぁって思います。トグロ巻いてるアナコンダだらけの穴(?)はさすがに気味悪かったけど。
*****作品データ*****
アナコンダ 2 - ANACONDAS: THE HUNT FOR THE BLOOD ORCHID(2004年/アメリカ)
監督:ドワイト・リトル
出演:ジョニー・メスナー、ケイディー・ストリックランド、マシュー・マースデン、モリス・チェスナット、カール・ユーン
公式サイト:http://www.sonypictures.jp/homevideo/anacondasthehuntforthebloodorchid/index.html
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 15:49 | Comment(3) | TrackBack(1) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
これってパート2が出てたんですね。
パート1は見ました。
最近は邦画とアニメブームの波に洗われているので、洋画ブームが到来した時に見ようかなと思っている次第です。
Posted by 35式 at 2006年05月25日 16:44
新着からきましたー!足跡ですっ!☆でゎ
Posted by はちみちゅ at 2006年05月26日 04:53
35式さん
パート1と同じノリで見るとちょっとガッカリしちゃうかも。記事でも書いたように出演者もかなり地味なんで(笑)
洋画ほど数はありませんが、邦画とアニメの感想も多少ありますので、レンタル等のご参考にしていただければ幸いです♪
今後ともよろしくお願いいたします!
Posted by クマ at 2006年05月29日 16:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18354823

アナコンダ2
Excerpt: アナコンダ 2 今度は群れ群れ群れでした〜[:ひやひや:] 巨大アナコンダが襲ってくるシーンは、けっこうよくできてました。洞窟を抜けるシーンとか、最後の格闘シーンとか・・・なかなかスリルありまし..
Weblog: Lovely Cinema
Tracked: 2006-06-02 20:23