2006/06/06

『マルホランド・ドライブ』

真夜中のマルホランド・ドライブで起きた交通事故。一命は取り留めたものの一切の記憶を失った女は、たまたま女が忍び込みんだアパートの借り主の女とともに自分の過去を調べ始めるが…。

『ツイン・ピークス』でお馴染みのデビッド・リンチ監督作品。リンチ作品ではお馴染みの混乱系深読みミステリー作品です。あちこちに巧妙に仕掛けられた伏線といい、何通りにも解釈可能な複雑で難解なストーリーといい、デビッド・リンチファンにはたまらない内容です。ちなみにこの作品、もともとはTVシリーズ用に企画されたらしいのですが、そのあまりにも過激な内容にTV局に却下されてしまったという逸話付きの作品だそうで。鬼才と呼ばれるに相応しい超難解で癖になる、そんな作品でした。この先の作品レビューはネタバレに付、未見の方はご注意下さいネ。

【以下ネタバレに付き、反転してお読み下さいませ】
作品中盤までは混乱することも無くスムーズに流れていきます。ナオミ・ワッツ演じるベティがやけに親切なのが多少気になりますが、田舎から出てきたばかりという状況を考えればお人よしなのも頷けるかと。そんな普通のサスペンスの様相が一転、二人が「シレンシオ」に出向いたあたりから混迷を極めていくわけですが、実際はなんてことは無い『夢オチ』若しくは『妄想オチ』ってヤツでした。とは言ってもそんじょそこらの『夢オチ』とは違って、結論に到達するにはなかなか苦労しましたけど。

この作品を見るうえで重要なポイントは作品前半と後半で時間軸と登場人物が入れ替わっているところかと。ココさえ押さえておけばまず間違いなく理解できると思います。解りやすい時間軸からいうと、前半と後半とを逆転させることで正しい時間の流れになります。時系列に簡単にまとめるとこんな感じ。カミーラ(リタ)とダイアン(ベティ)破局→カミーラ(リタ)映画監督と婚約発表→ダイアン カウボーイにカミーラ殺害を依頼→【ココで前半部分の夢を挿入】→ダイアン 青い鍵発見→罪悪感によりダイアン自殺。青い鍵を発見(つまりカミーラ死亡)したのとダイアンが夢を見るところはもしかしたら逆かもしれないけど、概ねこんな感じだと思います。もしかしたら前半部分の夢はダイアンが死ぬ間際に観たものっていうのもありかもしれませんね。

そして登場人物の入れ替わり。これはナオミ・ワッツ演じるベティが現実には腐乱死体で発見されたダイアン・セルウィンで、ローラ・エレナ・ハリング演じるリタは実際はカミーラ・ローズであるというところ。ベティとダイアンが性格、社会的立場、その他多くの事柄でまったく正反対であることからして、ベティはダイアンの願望を具現化したキャラクターではないかと思われます。カミーラを愛してやまないダイアンが、彼女に裏切られ殺害依頼してまでも、彼女との幸せを夢見ていたという風に考えると、とても切ないラブストーリーのようでもありますね。

とまあストーリーの謎は意外にアッサリ解けたんですが、逆に私を悩ませたのがストーリーとは一見無関係に思えるサブエピソードの数々。例えば作品冒頭のダンスシーンの意味やファミレスでのエピソード、青い箱の持つ意味(これはなんとなく想像がつくけど)や、電話、灰皿、その他もろもろ。これだけ謎が多いと躍起になって完全解読に挑む人たちが後を絶たないっていうのも理解できますね。私もきっと繰り返し何度も見てしまうんだろうなって思います。ラストに向けてのストーリーの崩壊っぷり、かなり癖になります。やっぱりリンチは凄い。

*****作品データ*****
マルホランド・ドライブ - MULHOLLAND DR.(2001年/アメリカ)
監督:デビッド・リンチ
出演:ナオミ・ワッツ、ローラ・エレナ・ハリング、アン・ミラー
  →この作品をAMAZONで確認

ブログランキング強化月間
楽しんでもらえましたらば1クリックお願いいたします♪ブログランキング
posted by クマ at 16:07 | Comment(11) | TrackBack(7) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
<カウボーイにカミーラ殺害を依頼
コレ新説かもですねw

TVシリーズで作られた時には普通の時系列だったらしいんですが、映画でバラバラにして正解という印象ですねw。「ロストハイウェイ」でやっていた役者の入れ替わりを上手く使って、ハリウッドの映画界の現実をも描いてみせたというのは見事だと思います。
自分は前半はダイアンが死ぬ直前に見た妄想世界だと思いますが、後半も現実的ではない描写が多いので未だに解らないところが多いですねw
Posted by lin at 2006年06月07日 11:28
新説……   Σ(゚Д゚|||)ハッ
もしかして、もしかして、これって私の思い違い?!
最初の事故シーンはダイアンの妄想で、間抜けな殺し屋もダイアンの妄想で…
あれ?鍵の話したの誰だっけ?
うわー、またワケわかんなくなっちゃいましたよ〜(滝汗
もう一度出直してきます〜(´Д⊂
Posted by クマ at 2006年06月07日 12:54
こんばんは。私は★一個でしたけどTBさせてもらいます(笑)

私としてはカウボーイは「死の象徴」だったのかなぁと思ってしまいました。あくまでダイアンの妄想世界(物語の前半部分)でのハナシですけど。

こうやってひとつひとつ紐解いて行くのは楽しいんですけど、何故かこの映画を観た後は楽しいという感覚より、考えさせられてるという、「やらされてる感」が勝ってしまって(笑)ロストハイウェイに到っては頭から煙でて思考停止状態でしたw

Posted by baoh at 2006年06月07日 23:09
baohさん こんにちは。
★一つでしたか(笑)。
上のコメント書いた後にあちこちの解説サイトをまわってみましたが、カウボーイ=死の象徴(死神)説が多いみたいですね。つか、かなり勘違いしてるじゃん>私
悔しいから週末もう一度トライするつもりです!
で、「ロストハイウェイ」は未見なのでコチラが片付き次第見るつもりです。
Posted by クマ at 2006年06月08日 12:56
こんばんは。
久しぶりの更新でクマさんのブログを拝見してみたら、やっぱり観ていらっしゃいましたね。
私は無性にリンチ・モードになる時があります。
1回観ただけではわからないですが(**);
Posted by *タンタン at 2006年08月25日 23:43
*タンタンさん こんにちは。
私もリンチ作品たまに無性に観たくなりますよ♪
この作品も、まだまだ理解できてないところが沢山あるので
あと2・3回は見ないとな〜って思ってます。
難解ゆえにやめられないって感じでしょうか(笑)。
Posted by クマ at 2006年08月28日 14:12
こんにちは☆
大好きなこの映画、今更レビュー書いてみました。
公開当時、すごくハマった作品です。
深い映画で、何度観ても楽しめちゃいます。
クマさんがコメントでおっしゃってるように、
難解だからますます観たくなる、、、
難解だから何回も観たくなるんですよね!(笑)
Posted by mig at 2007年07月23日 10:51
migさん こんにちは。
ホント難しいですよね、この作品。
一生懸命観ないと途中でワケわかんなくなっちゃいますし(笑
さらにいろんな人の解釈を観て回るっていうのも楽しみの一つかと。
migさんのレビューも参考にさせていただきますね。
Posted by クマ at 2007年09月12日 14:07

初めて、書き込みます。

最近『マルホランドドライブ』を観て、わからなくて、いろいろ捜してきて、ここに来ました。

正直『夢オチ』との解釈は?な感じです。

前半部分は、あの監督の撮っている映画なんじゃないかなあ〜?
Posted by ハマー at 2009年06月04日 09:48

初めて、書き込みます。

最近『マルホランドドライブ』を観て、わからなくて、いろいろ捜してきて、ここに来ました。

正直『夢オチ』との解釈は?な感じです。

前半部分は、あの監督の撮っている映画なんじゃないかなあ〜?
Posted by ハマー at 2009年06月04日 19:43
ハマーさん こんにちは。
コメントどうもありがとう♪いつも以上に亀レスでスミマセン(滝汗)

>正直『夢オチ』との解釈は?な感じです。
いろんな解釈が出来るところがデヴィッド・リンチ作品のよいところだと思います。
私は『夢オチ』と結論付けましたが、ハマーさんの『映画』という解釈もアリだと思いますよ。
私自身、今見直してみたらまた違った結論に行き着くかもしれないですし。

そういう意味では白黒ハッキリさせたい方にはあまりオススメできない作品ですよね。
Posted by クマ at 2009年06月17日 13:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「マルホランド・ドライブ」
Excerpt:  マルホランド・ドライブ 「マルホランド・ドライブ」 ★★★★☆ MULHOLLAND DR.(2001年アメリカ) 監督:デヴィッド・リンチ キャスト:ナオミ・ワッツ、ローラ・ハリン..
Weblog: NUMB
Tracked: 2006-06-07 11:02

マルホランド・ドライブ ※ネタバレ
Excerpt: 「マルホランド・ドライブ」を観た。 真夜中のマルホランド・ドライブを走る車が事故を起こす。一命をとりとめた女は、高級アパートの部屋に忍び込んだ。そこは女優志望のベティが??
Weblog: 雑記のーと Ver.2
Tracked: 2006-06-07 22:58

真夏の夜のリンチ・ワールド『マルホランド・ドライブ』
Excerpt: 『キングコング』を観てから気になっていたナオミ・ワッツの 出世作『マルホランド・ドライブ』/2001年 監督はあの『ツイン・ピークス』のデヴィッド・リンチ。 《 Story 》 ハリウッド..
Weblog: CouchCinema*カウチシネマ / b
Tracked: 2006-08-25 23:45

マルホランド・ドライブ/MULHOLLAND DR.
Excerpt:                                                           {/hearts_pink..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2007-07-23 10:52

【無料映画】マルホランド・ドライブ 「主語を見つける為の動詞だけの断片」
Excerpt: 難解と言うのは答えが有るから難解という訳で、この映画は立方体のルービック・キューブでは無く、平面のジグソー・パズル。本体のパズルから、わざわざ数枚のピースを抜いておいて...
Weblog: CARAMEL*PAPA
Tracked: 2007-12-09 22:24

マルホランド・ドライブ
Excerpt: ★★★★  田舎町のジルバ大会をトリミングした、オープニングシーンが面白い。ちょっと太めの女の子がシャカリキになって踊りまくる。飛んだり跳ねたり、逆さまに飛びついたり、パンツが見えそうで見えない。 こ..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2008-03-20 21:46

マルホランド・ドライブ
Excerpt: まったく無駄のない、語るところは全て語られた完璧な映画! マルホランド・ドライブMULHOLLAND DR.はどんな映画だと聞かれたら、こう答えるだろう。 映画の中のどのシーンをとってみても、全ての..
Weblog: 傑出!映画
Tracked: 2008-09-28 00:20