2006/06/07

『男と女』

子供を預けていた寄宿舎で偶然知り合った男と女が徐々に惹かれあう姿を描いた作品。第39回アカデミー賞で脚本賞と外国語映画賞を第19回カンヌ映画祭ではパルムドールを受賞したクロード・ルルーシュ監督の代表作です。さらに劇中挿入されるシャバダバダ〜♪の音楽でもとても有名。そしてこの作品、とてもお洒落です。冒頭の浜辺で戯れるアンヌと娘というシーンからして非常に洒落てます。登場人物一人一人、エピソード一つ一つがどれをとっても絵になるというかなんというか。日本人じゃこうはいきませんよねー。

第一印象ではもう少し甘ったるいラブストーリーを予想していたんですが、意外にもほどよく抑制の効いた大人なラブストーリーでした。モノクロメインの落ち着いた映像もとても雰囲気があって良かったし、なんと言ってもアンヌ役のアヌーク・エーメが美しいです。日本とはもちろん、ハリウッドとも違うフランスならではの美しさとでも言いましょうか。落ち着いていてしかも強さを感じる、そんな大人の美しさ。しかも可愛らしさもしっかり兼ね備えてます。まさに最強!

作品終盤まではシンプルなラブストーリーなのですが、最後にちょっとだけひねりが効いていました。あのラストのエピソードは秀逸ですね。ちょっとした回り道が見事なほどにこの作品の完成度を高めてくれてます。ラストの10分間の有無がこれほど作品の出来を左右するとは!この事実にはかなり驚きました。しかも観終わった後に心地よい余韻が残るところもさすがです。やっぱり傑作と呼ばれるだけの作品は何かが違いますね。

この作品で特に印象に残ったのは親子4人が仲良く食事をするレストランのシーン。行きつ戻りつするジャン・ルイの左手とか、微笑みながらも相手の気持ちを推し量ろうとするアンヌの視線とか。お互いの気持ちを探り合う大人たちの姿とそんな大人たちを尻目に無邪気にはしゃぐ子供達。このコントラストがなんともいえなかったですね。大人二人の控えめな態度が初々しいというかなんというか。観てるこっちまでテレ笑いしちゃいそうなそんな雰囲気。

多分この映画はある程度人生の浮き沈みを味わった大人じゃないとピンとこない映画じゃないかなって思います。どことなく哀愁めいた雰囲気も漂ってますし。何事もオープンでストレートな最近の若者達には「なんでこんな回りくどいことしてんの?」って切り捨てられてしまいそうだわ(笑)。しかし、この作品の良さが解るようになったってことは、私もある程度歳をとったってことなんでしょうね。
*****作品データ*****
男と女 - UN HOMME ET UNE FEMME/A MAN AND A WOMAN(1966年/フランス)
監督:クロード・ルルーシュ
出演:アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン
  →この作品をAMAZONで確認

勝手にブログランキング強化月間
楽しんでもらえましたらば1クリックお願いいたします♪ブログランキング
posted by クマ at 16:38 | Comment(4) | TrackBack(3) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
こんにちはー。TBさせて下さい。私もこの映画大好きです。子供の頃見た時はあまり面白いと思えなかったのですが(お子様だった私には理解できなかったんだと思います)、最近TVで見たら、音楽はイイし、ベタベタなロマンスの語り口とは違って斬新さを感じるし…とすごく好きになりました。
<私もある程度歳をとったってことなんでしょうね。
の御意見に私も同じですー!やはりこれが好きになるってのはそれなりに歳を取ったということなんですね^^;)。
Posted by ぶーすか at 2006年06月17日 17:41
ぶーすかさん
フランス映画は甘すぎないところがいいですよね。ラブロマがあまり得意ではない私でもこの作品は楽しめました。
こういった作品の良さが解るようになるっていうんだったら、歳をとるのもまんざら悪くはないなって思います。
Posted by クマ at 2006年06月18日 15:43
はじめまして&こんにちは。
食事のシーンは良かったですね。
どちらかというとアンヌのほうが子供たちのことよりも会話に夢中という印象を受けたのですが、そこが良かった。
2回目の食事も急展開になって面白かった。
(^_^)
Posted by 仁左衛門 at 2006年07月12日 10:30
仁左衛門さん
そうそう、アンヌはもう子供そっちのけでしたよね。わかりやすいというかなんと言うか(笑)。
2回目の食事シーンはダシに使われたウェイターが気の毒でした。すっかり二人の世界作っちゃってたんでもう勝手にやってくれって感じ。それだけに、その後の展開に驚きました。
Posted by クマ at 2006年07月12日 17:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18956869

男と女
Excerpt: (1966/クロード・ルルーシュ製作・監督・共同脚本/アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン、ピエール・バルー、ヴァレリー・ラグランジェ/104分)  何十年か前、初めてこれをTVの(多分..
Weblog: ::: SCREEN :::
Tracked: 2006-06-17 07:51

「中山七里」「男と女」
Excerpt: ●中山七里…★★★ 【NHKBS】「雷様」特集第4弾。「鯉名の銀平」と同様、長谷川伸の原作の股旅時代劇。雷蔵は死んだ恋人にそっくりの、許婚がいる娘に惚れてしまう…。これもちょっとディケンズ原作「二都..
Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版
Tracked: 2006-06-17 17:36

男と女
Excerpt: 『男と女』(1966年/クロード・ルルーシュ監督/フランス)を見た。 基本的にカ
Weblog: 仁左衛門日記
Tracked: 2006-07-09 15:21