2011/04/25

『エクソシスト』

エクソシスト」 ★★★★★
THE EXORCIST (1973年/アメリカ)
監督:ウィリアム・フリードキン
出演:リンダ・ブレア、マックス・フォン・シドー
   エレン・バースティン、ジェーソン・ミラー

オカルト映画の先駆け的作品であり、名作としても名高い作品。約20年ぶりぐらいの再見となるわけだけど、改めて見ても非常に面白くよくできている作品だと思う。おぞましいまでに変貌を遂げたリーガンの姿や宙を動き回るベッドや家具など、今ならばCGでもっと効率よくかつ完成度も高く作れそうなビジュアルなんだけど、この作品(というか時代)特有の洗練されすぎていないところが逆に味わい深いです。特に生傷と吐しゃ物とで汚らしく演出されたリーガンが強烈で、その口から吐き出される暴言含めかなりインパクト高いりです。

見どころはやはり悪魔との対峙シーン。といっても実際の悪魔払いシーンではなく、悪魔つきかどうかを見極めるためにカラス神父が登場するあたりから実際の悪魔払いシーンまでが個人的には一番見ごたえありました。悪魔の存在や己の信仰心に疑心暗鬼になりつつも、目の前にいるおぞましくも変わり果ててしまった少女をどうやって救おうかと苦悩する姿。緊張感MAXです。

そういえば、今回の再見で改めて気づいた点が一つ。記憶の中では壮絶な悪魔払いシーンがメインだったように思ってたけど、実際に悪魔との関連付けがされたのは物語の後半半分以下で、前半はエジプトの発掘現場だったり、リーガンへの様々な治療風景だったりといろいろなシーンが盛り込まれてて驚いた。それらのシーンの記憶が全くないっていうのもどうかと思うわけだけど、当時の私にはそれだけあの悪魔払いシーンが強烈だったということなのかもしれませんね。

余談ですが、あのリーガンの吐瀉物は実はグリーンピーススープ、というネタを聞いて、当時小学生だった私は少なからずとも恐怖が和らいだ記憶が残ってます。でもベッドでは絶対に眠りたくないって思ったけど(笑)。

ブログランキング参加中デス。映画選びの参考になりましたらClickお願いします♪→
posted by クマ at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | ★★★★★



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


エクソシスト
Excerpt: 『エクソシスト』  THE EXORCIST 【製作年度】1973年 【製作国】アメリカ 【監督】ウィリアム・フリードキン 【出演】リンダ・ブレア/エ..
Weblog: こわいものみたさ
Tracked: 2011-05-07 02:20