2006/07/20

『バットマン ビギンズ』

バットマン ビギンズ』 ★★★★☆
BATMAN BEGINS (2005年/アメリカ)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、リーアム・ニーソン
   マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン
   ゲイリー・オールドマン、渡辺謙
   ケイティ・ホームズ
公式サイト:http://www.jp.warnerbros.com/batmanbegins/

幼い時に眼前で両親を殺されたブルース・ウェインは悪を理解し打ち勝つために世界中を放浪する。そんな中ラーズ・アル・グール率いる“影の軍団”にスカウトされ心身を鍛えることになるが…。

シリーズ5作目の作品です。バットマン誕生秘話といった感じのこの作品、中国の刑務所を背景にクリスチャン・ベイルが大立ち回りを繰り広げるという冒頭部分にこそ少々戸惑いはしましたが、その後の展開には目を見張るものがありましたね。バットマンって実はちょっと苦手だったんですが、この作品に関しては素直に楽しめました。いままでのお子様向けのふざけた演出から一転、超が付くほどの硬派な内容・演出には非常に好感が持てましたね。

この作品でまず評価したいところは一つ一つのエピソードが非常に丁寧に描かれているところ。バットマンといえばまず思い浮かべるのがあのコスチュームに超人的な身体能力、そしてコウモリを模った数々。そういったバットマンを象徴する一つ一つの誕生エピソードが丁寧に語られているところは観ていてとても楽しいです。バットマン自体がまだ洗練されきっていない開発段階なのところもかなり面白いし。こういった試行錯誤の結果あのバットマンになるのかと思うと、超人的なバットマンがやたら人間臭く見えてくるところがなんとも可笑しいですね。

とはいえ、やっぱり気にいらない点もあるわけで。中でも一番残念だったのはなんつっても渡辺謙。まぁ同じ日本人だから思い入れが強いのは仕方ないとしても、あれはないんじゃないかなぁって思うわけですよ。マスコミにまんまと踊らされて彼目当てにこの作品観た人はかなり肩すかし食らったんじゃないかなぁ、ってくらい・・・な感じ。

あと個人的にツボだったのがケイティ・ホームズ。トム・クルーズと結婚・出産したことで一躍有名になった彼女ですが、この作品の彼女はなんか微妙に地味でちょっと変。しかもバットマンに助けられるシーンでの彼女の表情といったら…。いくら錯乱状態だとはいってもあまりにも凄すぎです。変なとこ熱演しすぎだってば!(笑)。ちなみに公式サイトのSynopsisのところの背景にこのイッチャッてるケイティの顔が使われてて更にビックリ(さすがにポスターはまともな顔でしたが)。興味のある方はコチラからどうぞ!

続編「ダークナイト」の感想はコチラから↓
 『ダークナイト』 ★★★★★

ブログランキング参加中。気に入って頂けましたらClickお願いします→
posted by クマ at 15:25 | Comment(7) | TrackBack(3) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
こんにちは。
早速公式サイトでケイティの顔見ちゃいましたよ!確かにちょっとヘン、てか恐い…。
謙さんは、出番が少ないということでしょうか??あれだけ宣伝されたので、てっきり重要な役かと思ってました。

ところで、ブログにリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?よろしくお願いします〜。
Posted by Nyaggy at 2006年07月21日 13:10
こんにちは、はじめまして。

やっぱりヒーローものの誕生秘話はいいですねぇ。
以前の「バットマン」でもちらりと誕生のきっかけになる事件がありましたが、今回はその事件は元より、両親の話、バットモービルやコスチューム、そしてどうしてバットマンという名前なのかが詳しく語られていてよかったと思います。
マスクの話や空を飛べなかったときのエピソードは爆笑でした。

それにしてもホントに渡辺謙の扱いが…CMでもそのシーンをよく観ていただけに、ちょっとびっくりでしたね。
Posted by 白くじら at 2006年07月21日 14:44
>Nyaggy さん
やっぱり変ですよね、ケイティの表情。ホラーっぽいでしょ(笑)。
謙さんはですねぇ、予想と違った意味で重要な役でしたっていったら解り易いかしら?ま、早い話が想定外だったってことです。
ブログへのリンク、勿論OKですよ。大歓迎です♪コチラからもリンクさせていただきますね〜。

>白くじら さん
はじめまして、こんにちは!
>マスクの話や空を飛べなかったときのエピソードは爆笑でした。
確かに!作品自体がシリアスな作りなだけに、場を和ませるという意味ではあのエピソードは効果的でしたよね。私も笑ってしまいました。
で、謙さんですが、やっぱりマスコミの騒ぎすぎも問題アリでしょうね。まぁ重要といえば重要ですけど…。
Posted by クマ at 2006年07月21日 16:18
わたしはとってもたのしめましたよ〜。
なんてったって、クリスチャンファンだからかな?
たまらんね・・・
毛糸はべつにええわ。最初っから期待していません。
TOMどうしてそんなにしてまで・・・ちょっとあわれですよね・・・
Posted by このじゃみ at 2006年07月21日 23:59
このじゃみさん こんにちは!
最初にクリスチャン・ベイルがって聞いた時は正直どうかな?って思いましたが、ほとんど違和感感じませんでしたね。どうもマシニストのイメージが強すぎて(笑)。
ケイトは…うーん、どうなんでしょ。あんまりアクの強い女優さんを立てるよりは、多少控えめな感じの彼女にしたのは正解だったかもしれませんね。
Posted by クマ at 2006年07月22日 16:57
 クマさん、こんにちは。
 「バットマン」シリーズは今回初めて観たのですけれど、これまでとはずいぶん違った演出だったんですね。お子様向けアメコミ映画に出ているジャック・ニコルソンやトミー・リー・ジョーンズが逆に気になります〜。
 いつもながらていねいにレビューなさっていて参考になります。ふたたびTBさせていただきました。
 それでは^^
Posted by マオ at 2006年08月02日 17:14
マオ さん こんにちは!
前作まではかなりベタな演出が多いので、個人的にはあんまり好きではなかったですね。
まぁそんな感じなんで登場する悪役もベタな見た目をしております。そういえばジャック・ニコルソンとか凄かったような気がする(笑)。

デザイン崩れの件、ありがとうございました!
取り急ぎ直してみたのですが、いまいちバランスが…(滝汗)。
夏休みにデザイン変更がてらガッツリ修正する予定ですので
少々見苦しいところありますが少しの間お付き合いくださいませ。
Posted by クマ at 2006年08月03日 15:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21086666

「バットマン ビギンズ」
Excerpt: 07月09日「バットマン ビギンズ」WOWOW5.1ch Surround 作品については季刊「ホームシアター」?32で既に褒めちぎっておりますので(笑)そちらをご参照下さい。 バットマ..
Weblog: 酒井俊之のシネマラ攻略大図鑑
Tracked: 2006-07-22 15:51

『バットマン ビギンズ』
Excerpt: 『バットマン ビギンズ』 Batman Begins (2005) 2006-06-11/07-12 ◎ ゴッサム・シティの富豪の息子ブルース・ウェインには、受け入れがたいふたつの過去があった..
Weblog: あかつき書見台
Tracked: 2006-08-02 16:56

バットマン ビギンズ
Excerpt: 2005年製作のアメリカ映画。 全米2週連続1位、興行成績$205,197,285のメガヒット。 アメリカの人気コミックを元に実写映画化したヒーローシリーズの最新作。過去のトラウマに苦しむブルース..
Weblog: シネマ通知表
Tracked: 2006-11-14 09:34