2006/08/02

『となりのトトロ』

父親とともにボロ家に引っ越してきたメイとサツキ。引越しも一段落した頃、メイは森に住む不思議ないきもの「トトロ」に遭遇することに…。

言わずと知れたスタジオジブリ作品。宮崎アニメの中では一番ユルい作品(笑)。トトロといい猫バスといい、登場するキャラクターもツワモノ揃いなので、映画は観たことなくても「トトロ」は知ってるっていう人も多いのでは?先日観た『ハウルの動く城』同様、『ゲド戦記』公開に絡めたプロモーションの一環として地上波で放送していたものを再鑑賞。前に一度見たよなーと思いつつダラダラと鑑賞し始めたところ、思いのほか見落としてた部分が多くて予想以上にエキサイトしてしまいました(笑)。

なんといっても冒頭のお引越しシーンがお気に入り。底抜けに明るいサツキとメイがボロ家を見て笑い転げるところとか、真っ黒黒すけと遭遇するところとか、ホント見てて心が和みますね。普通引越し先がお化け屋敷みたいな家だったら嫌がるよね(笑)。時代設定が昭和30年代ってことで、作品全体に広がるノスタルジックな雰囲気もまた素敵。まさに古き良き時代の日本って感じがしますよね〜。

登場人物の中で印象に残っているのはサツキとメイのお父さん。子供と同じ視点からモノを見て彼らと正直に向き合おうとしているその姿勢、そして変にはぐらかしたりごまかしたりしない子供たちとの会話がとても印象的。自分も親になったらこんな接し方が出来るといいなぁって思いながら見てました。特にお風呂のシーンとかもう素敵すぎ。あと優しい優しいおばあちゃんも大好きです。

でもってエピソードで一番印象に残ってるのは、やっぱり発芽踊りかしら(笑)。月明かりの中で楽しそうに変な踊りを踊るトトロ一家(?)がなんともカワイイです。夜な夜なあんな風に踊ってくれてたらホントに面白いだろうなーなんて思ってしまいますね。ついでに一緒に踊りたいわ♪
*****作品データ*****
となりのトトロ(1988年/日本)
監督:宮崎駿
吹替え:日高のり子、坂本千夏、糸井重里、島本須美、北林谷栄、高木均、丸山裕子
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 16:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL