2006/08/03

『ブレイド3』

いつものように吸血鬼退治をしていたブレイドは彼が殺したヴァンパイアの中に人間が紛れ込んでいたことからFBIに追われることに。踏み込んで来た特殊部隊に唯一の理解者であったウィスラーを殺され自らも身柄を拘束されてしまう…。

人間と吸血鬼のハイブリッドであるブレイドがヴァンパイアハンターとして活躍する『ブレイド』シリーズの第3弾。どうやらこの作品がシリーズ完結作らしいです。前作ではスーパー・ヴァンパイア“死神族(リーパーズ)”を相手にド派手なアクションを繰り広げたブレイドでしたが、今回彼が戦う相手はなんと元祖ヴァンパイア。つってもこのヴァンパイアがねぇ、あんまり強くなさそうなんですよねぇ(苦笑)。

みどころはなんといってもアクションシーン。ストーリーがかなりヘナチョコな割りに大ゴケしなかったっていうのはこのアクションシーンがあってこそ(だと思う)。ちなみに今回ブレイドは人間のヴァンパイアハンター集団“ナイトウォーカー”と組んで戦うことになるのですが、メンバーの一人であるウィスラーの娘アビゲイルのアクションがこれまた見応えあり。戦闘中は音楽を聴きながらという変なこだわり(しかもi-podだし 苦笑)はさておき、キレのある動きはなかなかのもの。しかも使う武器がなんともユニーク。そうそう、公式サイトのWEAONS GALLARYでこの作品にでてきたユニークな武器が見れますのでぜひそちらもあわせてご覧になってみてくださいね。

でもってこの作品で印象的だったのはヴァンパイアの女ボスダニカ・タロス。パーカー・ポージーという女優さんが演じてるんですが、パンキッシュなファッションといいイッチャッテル表情や言動といい、吸血鬼っつーよりなんかゾンビっぽくて私好み☆。しかし、ブレイド役のウェズリー・スナイプス、見るたびにラッツ&スターを思い出してしまうのよね。これってきっと私だけじゃないと思うぞ!
*****作品データ*****
ブレイド3 - BLADE: TRINITY(2004年/アメリカ)
監督:デヴィッド・S・ゴイヤー
出演:ウェズリー・スナイプス、クリス・クリストファーソン、ドミニク・パーセル、ジェシカ・ビール
   ライアン・レイノルズ、パーカー・ポージー、ジョン・マイケル・ヒギンズ
公式サイト:http://www.blade3.jp/
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 16:09 | Comment(2) | TrackBack(1) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
シリーズ完結編の敵は始祖ドラキュラってことで、まさに不足の無いキャラのはずなのに、あの体たらくは脱力モノですよ。

1のスティーブン・ドーフ、2のリーパーズの方が強そうと思えるのはおかしい話です。
Posted by ミツ at 2006年09月01日 01:30
ミツさん、どもども♪
私も設定自体はそれほど悪くないとは思うのですが、
やっぱりキャスティグのミスってところでしょうかねぇ。
私も1or2の方がよっぽど強そうだったし、実際にも強かったような印象が強いですね。
なんか、この分だとラストといいつつ続編が出てきそうで怖い(笑)。
Posted by クマ at 2006年09月01日 15:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21875260

ブレイド3 ≪スケールダウンな完結編≫
Excerpt: どうも、ミツです。 評価:30点 ブレイド3監督:デヴィッド・S・ゴイヤー出演:ウェズリー・スナイプス , クリス・クリストファーソン ,&n..
Weblog: シオぴ&ミツのレンタル☆キャット
Tracked: 2006-09-01 01:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。