2006/08/09

『ザ・ビーチ』

刺激を追い求め一人バンコクへやって来たアメリカ青年リチャード。彼はそこで地上の楽園と呼ばれる伝説の孤島の噂を耳にする。

トレインスポッティング』、『普通じゃない』に引き続き、一人ダニー・ボイル祭り実施中(笑)。この作品は公開当時ボロクソにいわれてたような記憶があるんだけれど、監督の名前に釣られて鑑賞してみたら意外に面白くてビックリ。当時は空前のディカプリオ人気だったってことで、やっぱりレオ様目当てで見た客が多かったからかしら?確かにこの作品に描かれている歪な人間模様は「レオ様ーッ!」ってな感じで追っかけしてる方たちにはウケが良くなさそうですけどね。それにしてもこの作品、ディカプリオに付き纏うミーハーなイメージのせいでがかなり損してると思うのは私だけでしょうか?

とある孤島に作られた理想的なコミュニティ。この作品の主人公リチャードは、人々が楽園と噂するその島の地図を奇妙なきっかけから手に入れることになるのですが、その序盤の退廃的で気だるそうな雰囲気がたまらなくいいですね。さらにリチャードの現実感のなさが非常に印象的。なげやりというか適当というか、全てが行き当たりばったり。逆に最初からノリノリだったらきっとこんなにひきつけられたりしなかっただろうなー。

中でも印象的だったのはサルとリチャードがお米の買出しに街へ繰り出すエピソード。留まるところを知らない欲望をもてあました人々を前にサルが静かに楽園を語るところがとても印象的です。簡単に手に入れられないものだからこそ楽園には価値があるのであって、一旦人々の欲望の波を受け入れ始めたら今までの秩序は失われ全てが混沌とし、誰もが描いていた楽園は地に落ちてしまう…といったところでしょうか。結構シュールだなぁ。

現実的なものをとことん排除し夢見心地で暮らす住人たちといい、彼らの傍らで家族のために大麻を育てる農民達といい、すべてがゲーム感覚でその時の気分で人生を決めてしまうリチャードといい、なんだか現代が抱える問題の縮図を見ているような、そんな気分になりますね。楽園の住人達が殺人に手を染めるほどには狂ってなかったという点だけが唯一の救いだったかも。個人的にはあのコミュニティはサルにとっての楽園で彼女にとっては現実だったんじゃないかなぁって思います。だから引き金を引いたんじゃないかな…ってね。しかし、この作品をみると誰もが仲良く暮らせる楽園なんて存在しないのかもしれないなぁなんて思っちゃいますね。
*****作品データ*****
ザ・ビーチ - THE BEACH(1999年/アメリカ)
監督:ダニー・ボイル
出演:レオナルド・ディカプリオ、ティルダ・スウィントン、ヴィルジニー・ルドワイヤン、ロバート・カーライル
  →この作品をAMAZONで確認

ちなみにコミュニティを取り仕切るサルを演じていたのはティルダ・スウィントン。『コンスタンティン』で演じた大天使ガブリエルを見てからというもの、彼女の人間臭さの無い中性的な魅力の虜です。残念ながらこの作品での彼女は『コンスタンティン』ほどの怪演とまではいきませんでしたが、それでも怪しげな雰囲気が漂ってて素敵でした。特に登場シーンが良かったです。思わず涅槃かと思ってしまった(笑)。
posted by クマ at 16:14 | Comment(2) | TrackBack(2) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
ジョニー・デップが『リバティーン』という映画に出演し
た時、、パイレーツ〜でジョニーファンになった方から、すごい悲鳴があがってましたよね(笑)
本当のジョニーファンなら、リバティーンもたまらない魅力だと思うのだけど、ミーちゃんハーちゃんたちってのは、もう困ったもんです。
ただ、リバテーィンは宣伝もあまりされてなかった映画だけど、この『ザ・ビーチ』はレオ様人気をあてにしてた部分もあったので、確かに大不評でしたよね。
すごく気の毒なくらいでした。


ティルダ・スウィントン、この方、ナルニア物語もよかったですよね。
本当に、人間味がないっていうか、すごい存在感を持った女優さんですよね。
Posted by Aki at 2006年08月10日 00:39
Aki さん こんにちは〜♪
確かに最近のジョニデフィーバー(死語w)は一時期のディカプリオ人気を彷彿とさせるものがありますね。人気が出ること自体はそれほど気にしないのですが、俳優も作品も消耗品のような扱いをされるのがチョット気になりますね。熱狂振りも凄いだけに流行が過ぎた後の閑散ぶりもまた酷いというかなんというか…。
そんなことから妙な盛り上がり方をした作品は騒ぎが収まって少ししてから見ることにしているのですが(タイタニックも2年落ちで鑑賞しましたw)、この作品ではむしろそれが効を奏したみたいです。

そうそう、ティルダ・スウィントン、ナルニアに出てるんですよね〜。しかも白い魔女!あの人間臭さのない彼女にピッタリですね。今から楽しみです〜♪
Posted by クマ at 2006年08月10日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ザ・ビーチ(00・米)
Excerpt: 放浪の旅をしながらバンコクにやってきた青年リチャード(レオナルド・デカプリオ)は 偶然隣の部屋に泊まった男からとある島の美しいビーチの話を聞く。 島までの地図を手にした彼は仲間とともについにビーチ..
Weblog: no movie no life
Tracked: 2006-09-06 00:44

ザ・ビーチ
Excerpt: それは禁断の場所――やがて恐怖が始まった。
Weblog: Addict allcinema 映画レビュー
Tracked: 2009-08-23 18:13