2005/02/28

『スピード』

本日の映画:スピード 
精巧に練り上げたビル爆破計画をロサンゼルス市警のSWAT隊員ジャックに阻止されたハワード。逮捕を免れたハワードはバスに爆弾をしかけたとジャックに告げる。乗客を助けるべく時速80キロ以下になると爆発するというバスへ単身乗り込むというお話。

SWAT隊員ジャック役にマトリックスのキアヌ・リーブス。スピード違反で免停中なのにもかかわらず爆弾を積んだバスを運転するという羽目に陥る不運な女性アニー役にサンドラ・ブロック。サンドラ・ブロックお得意の超早口で喋りまくるあの落ち着きのないキャラクターはこの頃から健在だったのね、といらんところに感心してしまった。

みどころはなんといっても迫力満点のカーチェイス。止まれないどころか減速するのも危険という緊張感のなか、車をなぎ倒し、バリケードを破壊し、しまいには15メートルの高速の切れ目を飛び越すというド迫力の映像。カーチェイスがメインになっている映画は中だるみしてしまう作品が多いのですが、予期せぬアクシデントや犯人が仕掛けた罠なんかが効果的に使われていて最後までハラハラドキドキ感が持続します。

犯人役にはデニス・ホッパー。したたかな犯人役を見事にこなしています。この犯人、余裕たっぷりで見ててかなりムカツキます(笑)逆に主役のキアヌ・リーブスは冷静沈着、無口でシリアスな表情が印象的。キャーキャーとうるさいサンドラ・ブロックと対照的なキャラクターがまたかなり面白いです。サンドラ・ブロックは続編『スピード2』にも出演していますが、コチラの作品の方がいい味出てると思います。ちなみに続編の方ではバスではなく豪華客船が舞台になっています。監督は同じくヤン・デポンですがキアヌ・リーブスのかわりにジェイソン・パトリックが出演してます。ついでに言うと1997年のラジー賞でいろんな賞を取っちゃったりしてます。ウフフフフ。

アクション映画としてはかなりの傑作であるこの作品。キアヌ目当てでもいいし、カーチェイス目当てもOK。まだ見てないという方は是非一度ご覧下さいませ。(続編『スピード2』も一緒にどうぞ。)
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL