2005/02/26

こんな女はイヤだ!『10日間で男を上手にフル方法』

本日の映画:10日間で男を上手にフル方法 
ケイト・ハドソン、マシュー・マコノヒー主演のラブコメディ。人気女性誌でHowToコーナーを担当しているアンディ。次回のテーマは『10日間で男を上手にフル方法』。実体験を元にした記事を書くため相手を物色していたところ、運良く広告代理店に勤めるベンが現れる。しかし、実は彼もまた大手宝石メーカーとの商談権をかけ、『10日間でを女を夢中にさせる』という約束をしていたというストーリー。
この作品のみどころは、なんといってもケイト・ハドソン演じるアンディが繰り出す傍若無人な数々の行動。留守電に何度もメッセージ残したり、セリーヌ・デュオンのコンサート連れて行っちゃったりと男に嫌われる行動が次々に飛び出してくるところは、女のワタシでさえも正直『うざい〜ッ』って思いました。ピンクのフリフリのトイレカバーとかホント勘弁して欲しいです(笑)。そんなうざい女性を面白おかしく演じる彼女ですが、泣いたり笑ったり怒ったり拗ねたりとくるくると変わる表情はみていて飽きません。つい先日観た『サハラに舞う羽根』ではあまり感じなかったのですが、実はとてもかわいらしい女優さんだったのですね。高感度UPです。お相手となるマシュー・マコノヒー演じるベンは作品冒頭ではキザで自信家で野心家のかな〜りイヤな奴だったのですが、いくら賭けのためとはいえあのウザイ攻撃に絶えている姿はチョット不憫な感じ。中盤以降徐々に明らかになる彼本来の優しい姿はかなり好印象。実家のベランダで家族みんなで『bullshit』をしているシーンなんかはほのぼのしていてかなりよかったです。でも個人的にはこういうスマートな役よりもU-571やサラマンダーでみせてくれた坊主頭の方が好きなんですけどね。
もうひとつ個人的にヒットしたのはベンに賭けを仕掛ける同僚のスピアーズ役としてERシリーズでベントン先生のお相手クレオ・フィンチ役で出演していたマイケル・ミシェルが出ていたこと。こんなところで発見するとは!久しぶりに見かけた彼女の姿にERファンとしてはかなり驚きました。ストレートヘア、いい感じです。
爆笑とまではいかないけれど、女性なら思わず『プッ』と噴出してしまうシーンが盛りだくさんのこの作品。是非ご覧になってみてくださいませ。恋愛ベタな方には反面教師としても使えるかも?!
公式サイトはコチラから。流し目のケイト・ハドソンが三白眼でちょっと怖いですがハートをふんだんに使ったかわいらしい(ウザイ?)サイトになってます。
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL