2005/02/22

人間ってスゴイ! 『アポロ13』

本日の映画:アポロ13
1970年4月11日に月に向かって打ち上げられたアポロ13に突然起こった爆発事故。絶望的な状況の中、3人を救出すべくあらゆる手を尽くして必死に対応するヒューストン管制センターの職員たち、極限状態のなか、希望を捨てずに無事に地球に帰ろうとする3人の宇宙飛行士。実話をもとに作られた作品ってことでもかなり有名。

宇宙に取り残される3人の宇宙飛行士にトム・ハンクス、ケヴィン・ベーコン、ビル・パクストン。打ち上げ直前に風疹の疑いがかかり居残りになった飛行士ケン役にゲイリー・シニーズ。トム・ハンクスをはじめとする主役の宇宙飛行士3人の演技はモチロンですが、それより何より主任管制官ジーン・クランツ役エド・ハリスの演技が最高です。強力なリーダーシップを発揮し、是が非でも3人を連れ戻すという気迫が伝わってきます。ラストでの小さなガッツポーズもイイ!

みどころはなんといっても爆発直後から次々と湧き上がる問題を総力を結集して解決していくNASAの職員たちの活躍ぶり。マニュアル通りには行かない非常事態でも、柔軟な発想力と卓越した技術・知識で解決策を導きだしてくるところ。極限状態で働く職員たちのピリピリとした緊張感がスクリーンから伝わってきます。

そのほかにもケヴィン・ベーコンがボタンに紙切れを貼り付けるエピソードやエド・ハリスの着ているベストにまつわるエピソードなど、印象的なシーンが多い作品。オデッセイからの連絡を待つあのラストシーン。沈黙の3分がすぎ徐々に希望が落胆へと変わり始めた頃に入った応答の声。何度見てもジーンときますね。

宇宙モノはチョットっという方でも十分に楽しめる作品だと思います。この緊張感、是非体感してみてください。CGじゃぁ物足りない!というかはコチラのNASA公式サイトもあわせてどうぞ♪とても美しい画像が満載です。
*****作品データ*****
アポロ13 - APOLLO 13(1995年/アメリカ)
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス、ケヴィン・ベーコン、ゲイリー・シニーズ、ビル・パクストン
 →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★★★☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2263392
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。