2006/08/25

『シャロウ・グレイブ』

記者のアレックス、会計士のデヴィッド、医者のジュリエットは1つのフラットで共同生活を送っていた。4人目の同居人を募集していた彼らは、ヒューゴと名乗る作家をルームメイトとして迎えたが、彼は入居直後に自室で死亡。3人は彼の部屋を調べているうちに大金を見つけるが…。

トレインスポッティング』、『普通じゃない』、『ザ・ビーチ』に続き、一人ダニー・ボイル祭り第四弾。一応、この作品が彼の劇場用映画監督デビュー作となるのかな?平凡な毎日に退屈していた若者たちの目の前に突如大金が転がり込んだことで徐々にバランスを失っていく3人の関係を描いた作品です。前述作品のような派手さや話題性はありませんが、地味ながら良く出来た作品だと思います。

若者が己の欲のために道徳心も何もかも捨てて人生突き進むっていう内容は『トレインスポッティング』や『ザ・ビーチ』なんかにも描かれていましたが、この作品が他の2作品と大きく違っているところは舞台となっているのが極普通のアパートで、登場人物もまた普通の仕事に就く普通の人間だったってところ。人生に退屈しているせいか悪ふざけが過ぎる部分はありますが、それでも十分過ぎるくらい普通の人々です。そんな普通の人々がちょっとしたきっかけ(ちょっととはいえないかもしれないけど)で、暴走し始めるんだから面白い。お金のためならどこまでもって感じですね。

ただし、ストーリー展開が微妙に『トレインスポッティング』と被ってしまっているので、ことあるごとにどうしても比べてしまいがち。言うなればジャンキー臭くない『トレスポ』とでもいいましょうか。冒頭クレジット部分の疾走感溢れる映像と音楽もそのままって感じだし。いや、作品としてはこっちの方が古いんですけどね。

ちなみにこの作品もユアン・マクレガーが主演しているのですが、『普通じゃない』の時以上に若くてムサくてちょっと笑ってしまいました。つか、長髪はやめたほうが良いと思います(笑)。
*****作品データ*****
シャロウ・グレイブ - SHALLOW GRAVE (1995年/イギリス)
監督:ダニー・ボイル
出演:ユアン・マクレガー、ケリー・フォックス、クリストファー・エクルストン
  →この作品をAMAZONで確認
posted by クマ at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(2) | ★★★☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22796610

映画『シャロウ・グレイブ』
Excerpt: 原題:Shallow Grave (1994年製作1996年公開) 二十代前半、若き日のユアン・マクレガーは、別人とも思えるような、この映画ではちょっとはしゃぎすぎかな、・・3人の男女の信頼が揺らぐ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-08-31 01:35

シャロウ・グレイブ
Excerpt: <font color="green"><b>1994年製作 英国 原題;Shallow Grave 監督:ダニー・ボイル 出演;ユアン・マクレガ..
Weblog: PANAの言いたい放題
Tracked: 2006-10-31 07:36