2011/12/08

『水のないプール』

水のないプール」 ★★☆☆☆
(1982年/日本)
監督:若松孝二
出演:内田裕也、MIE、中村れい子
   藤田弓子

単調な毎日を送る中年男が、ふとしたことから薬品を使って意識を失わせた若い女性を犯すようになっていく、といった内容。監督が「キャタピラー」の若松孝二だったのと主演が内田裕也っていうところに惹かれて観賞してみたのだけど、なんともエキセントリックな作品で驚いた。

内田裕也といえば、樹木希林の夫で、白髪でロックンロールを繰り返すキレてるおっさんというくらいの知識しかなかったけど、彼もこの作品も、(良い意味で)なんだか良くわからないというのが正直なところ。でも、妙な存在感を放っていたのも事実で、見終わった後も感情の無い目とあのマスク顔は強烈に印象に残ってる。ストーリーはあんまり印象に残ってないんだけどね。

ちなみに作品の特性上裸の女性がたくさん出てくるのですが、不思議といやらしさはあまり感じなかったです。むしろ犯行がエスカレートするにつれ、被害者に化粧を施したりポーズをとらせてみたり、悪ふざけしはじめるところといい、ついうっかりマスクを外し、自分も意識を失ってつかまってしまうという間抜けなところといい、犯罪を犯しているにも関わらず、ことの重大さにまったく気が付いていないような、そんなフザケタ内容もまた他の犯罪映画とは違っていて印象的でした。

タモリや沢田研二、原田芳雄など、意外なところに意外な大物が登場しているので、観賞の際はそちらも注意してみてください。

ブログランキング参加中デス。映画選びの参考になりましたらClickお願いします♪→
posted by クマ at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ★★☆☆☆



前後の記事へリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/239311824